発売日 2013年09月25日(水)

インバウンドマーケティング

著者名:高広伯彦(著者)

¥1,600(税別)

ISBN:
978-4-7973-7219-9
サイズ:
A5変/1色
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・高広伯彦

高広 伯彦(たかひろ のりひこ)
マーケティングエンジン代表取締役兼共同創業者。1970年生まれ。博報堂、博報堂DYメディアパートナーズ、電通にて、営業やデジタル領域の業務につく。2000年代には第2回東京インタラクティブアドアワード受賞などインタラクティブクリエイティブ領域での企画を強みにしていたが、新しい広告ビジネスの開発に興味を持ち、2005年にGoogle日本法人へ。AdWordsやYouTubeの日本導入やそのマーケティングを手がける。2009年1月に独立し、デジタル領域での経験を強みとしたマーケティングコミュニケーション設計やビジネス開発支援を行うスケダチを設立。2012年8月に、ソーシャルメディアマーケティング事業を手がけるコムニコと共同でアジア初のインバウンドエージェンシーとなるマーケティングエンジンを設立。2013年8月には設立1年でHubSpot社の国際部門最優秀代理店に選ばれる。著書に『次世代コミュニケーションプランニング』(小社)他。

マーケティングエンジン: http://www.mktgengine.jp/
個人ブログ:http://mediologic.com/weblog/

Twitter

Load More...
  • インバウンドマーケティングのtheoryがつまってます。

    3.0
    にゃげろ。

    インバウンドマーケティングのwhat, why, howが全て詰まってます。2時間で読めるんじゃないかと。ネットでだらだらインバウンドマーケティングについて調べるより、より速く正確に理解できると思います。

  • 1.0
    購入者

    この著者の本はどれもそうですが、内容が薄くて、知ったかぶりがとても多いです。専門用語を使い、一見ためになるようですが、結局役に立たないことばかりを並べています。さらに著者のサービス紹介がたくさんあり、最悪の本です。お金を払ってくれるなら読んでもいいかなという本です。

  • 思った以上に中身は薄い。

    2.0
    権三

    最新のマーケティング情報が知りたくて購入したが、とりわけウーンと唸るような本でした。割りと知っている情報なのと目新しさがまるで無かった。これを買うのならコトラーの本とか購入したほうがいいいですね。

すべての18レビューを表示

  • げん

    最近、初めて聞いた言葉に興味を持って手にとった。hubspotも初めて知った。まだまだ知らないことが沢山ある。 続きを読む

  • soccer atsushi

    内容は非常に理念的であるとともに実践的、大変ためになった。ウェブサイトを主軸としたインターネットビジネスの立ち上げを検討している中で、啓発的なメッセージが多く、大いに勇気づけられた。 続きを読む

  • 大竹 粋

    仕事の本、うーむ、SEOとブログか。参考になりました。 続きを読む

すべてのレビューを読む