発売日 2013年06月01日(土)

たのしいRuby 第4版

著者名:高橋 征義、後藤 裕蔵(著者) まつもとゆきひろ(監修)

¥2,600(税別)

ISBN:
978-4-7973-7227-4
サイズ:
A5/2色
ページ数:
520
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・高橋 征義、後藤 裕蔵

監修・まつもとゆきひろ

■監修者紹介
まつもとゆきひろ
Rubyの創始者。Rubyのソースコードを眺めていると、自分が書いたのではないコードの割合がだんだん増えているのを見て残念のような、コミュニティの成長を感じて喜ばしいような。Ruby2.0もよろしく。鳥取県出身、島根県在住。

■著者紹介
高橋征義(たかはし まさよし)
札幌出身。北海道大学卒。Webアプリケーションの開発に従事する傍ら、日本Rubyの会を設立し,以降現在まで同会代表をつとめる。2010年からは株式会社達人出版会にて電子出版事業に注力中。著書に『たのしいRuby』『Rails3レシピブック 190の技』(共著)など。好きなメソッドはattr_accessor。好きな作家は新井素子。

後藤裕蔵(ごとう ゆうぞう)
福岡県出身。九州工業大学卒。株式会社ネットワーク応用通信研究所取締役。1999年、jusによるイベント「Rubyワークショップ」でRubyと出会う。以来、Rubyに関する雑誌記事の執筆や標準添付ライブラリのwebrickおよびopensslのメンテナとしてもRubyに関わる。好きなメソッドはEnumerable#inject。好きなロックバンドはピンクフロイド。

Twitter

Unable to load Tweets

  • baboocon@新潮文庫の100冊チャレンジ

    オブジェクト指向プログラミング言語・Rubyの定番入門書の第4版。Rubyの文法やクラス・メソッドについて解説する。Ruby2.0でキーワード引数やデフォルトエンコーディングがUTF-8になったことなどにも対応している。エラー処理と例外やブロックの取り扱い、Procクラスなどについてまだ理解が進んでいないのでリファレンス的に見直したい。 続きを読む

  • Daiki Futami

    Rubyのコード一つ一つの意味が丁寧に解説されていて面白かった。何よりもわかりやすいし、1文1文に意味があることがわかる。実際に自分で書いていくのに必読の書 続きを読む

  • kanoekaiman

    Rubyの文法書。文法解説に徹しているので、初学者はつくりながら学ぶタイプの方が飽きないかも。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品