発売日 2013年05月22日(水)

冒険投資家ジム・ロジャーズのストリート・スマート ~市場の英知で時代を読み解く~

著者名:ジム・ロジャーズ(著者) 神田由布子(訳)

¥1,600(税別)

ISBN:
978-4-7973-7239-7
サイズ:
四六/1色
ページ数:
288
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・ジム・ロジャーズ

訳・神田由布子

<著者>JIM ROGERS(ジム ロジャーズ)
クォンタム・ファンドの共同設立者。37歳で引退後はコロンビア大学で金融論の教授を一時期務め、またテレビやラジオのコメンテイターとして世界中で活躍していた。2007年、『21世紀はアジアの世紀だ』との信念から一家でシンガポールに移住。著書に『冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行』、『冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見』、『ジム・ロジャーズが語る商品の時代』『人生と投資で成功するために娘に贈る13の言葉』、『ジム・ロジャーズ中国の時代』等がある。

<訳者>神田由布子(かんだ ゆうこ)
東京外国語大学卒。訳書に『U2ダイアリー終わりなき旅の記録』『カルト・ストリートウェア』(ブルース・インターアクションズ)等。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 超一流の人の人生伝です。

    5.0
    Amazon カスタマー

    ジムロジャーズは、テレビを家に置かない主義です。たぶんインターネットの200字前後のくだらない二流の人間がまとめた文章も見ないと思います。すべて、数十時間もかけて、数百時間かもしれません。それ以上納得すまでかも  納得するまで自分で調べて、それで行動し、投資家として行動する方です。そのため、自分がリスクを負って、世界を見に行く方です。決して、他人の風土記には頼りません。他人の書いたくだらない(彼にすれば二流の)ディレクターの主観が入ったテレビ番組は拒否します。儲けたら、自己過信に陥ることなく砂浜でのんびりします。儲けると自分が優秀だと思いがちで、大きく失敗します。自分がリスクを取るのだからリスクを取りうるだけの確信が持てなければ、決して動きません。本や権威に頼って判断しがちな我々平凡な人にとっては、こういう超一流の人間の書いた本は、世の中の見方を再度考え直させてくれます。

  • 5.0
    リナ♪

    お金にまつわる話は楽しいですね! 自分自信関係ない世界かと思っていましたが、この本を読むと考え方が多少なりとも変わるかと思われます。

  • 価値とは物でも貨幣でもなく。

    5.0
    Amazon Customer

    聖書には朽ちないたからを天に積めとある。どう読むかは読者の自由だ。哲学や神学をマテリアイズムに対して無意味な存在だとは著者は言わないだろう。これは誠意を込めてかかれた知恵の書であり、その通りになぞることも不可能な記録でもある。読んで決して損失につながるものではなく益するか否かは分からないという類いのものだ。けれども私には有益に働いた。

すべての36レビューを表示

  • Spuddy

    Forgot to make a note on this.. Finished reading on a plane while traveling between UK and US or somewhere... May have been up above Russia..:-) Anyhow, very educational, interesting and provocative. gotta start learning Chinese again, he makes me think. 続きを読む

  • turtle

    以前パーティーでお話したジムは若い女の子が好きな陽気なおじさんという印象でしたが、なかなか恰好いいじゃないですか。 ソロスと袂を分かった理由が初めてわかりました。 ブログも愛読していますが、見方に芯が通っています。 続きを読む

  • Orange

    この本のシンガポールの移民政策に触れた箇所を読んでいた時、ちょうどイギリスのEU離脱のニュースが大々的に報じられていた。イギリス国民は移民にNoを突きつけたのであった。この本では鄧小平やヘラクレイトスの次の言葉を引用する。「窓を開ければ小さな虫が入ってくるだろうが、太陽の光や新鮮な空気もまた入ってくる」「変化以外持続するものはない」と。さて、日本はどうするべきか。いやまあ、いずれ受け入れざるをえないのだろうけれど。……酒飲んで寝るか。 続きを読む

すべてのレビューを読む