発売日 2013年03月22日(金)

マネジメントとは何か

著者名:スティーブン P. ロビンズ(著者) 清川幸美(訳)

¥1,600(税別)

ISBN:
978-4-7973-7260-1
サイズ:
四六/1色
ページ数:
240
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・スティーブン P. ロビンズ

訳・清川幸美

スティーブン P.ロビンズ
元サンディエゴ州立大学教授。マネジメントと組織行動学の分野における世界一のベストセラー教科書作者。これまでの本の売上は600万冊を超え、アメリカでは1500校以上の大学やカレッジの学生に使われ、19言語に翻訳されている。特に『Organizational Behavior, Ninth Edition』は、北米をはじめ、中南米、オーストラリア、東南アジアなど、全世界的に広く紹介されている。著者はその他、『Managing Today』『Essentials of Organizational Behavior』(訳書『組織行動のマネジメント―入門から実践へ』ダイヤモンド社)など、共著に『Management』『Fundamentals of Management』などがある。シェルオイルとレイノルズ・メタルの経営陣に参加している。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • 早い手配に感謝します。

    3.0
    ciaociao

    本の内容は面白くもあり、ためになります。よりよい生き方を実践する為にもっと勉強します。

  • 5.0
    Tsukutahito

    実践的な組織マネジメントの教科書という看板に偽りはない。マネジメントを扱う本は数多あるが、本書は学術研究に基づく59の真実=ケースという編集の仕方をしていて、現役のマネジャーには扱いやすいし、これからマネジャーを志す人にもその仕事がイメージしやすく書かれている。全体で9部構成になっているが、マネジャーの仕事の多くの部分が網羅されており、必要な個所から読み進めても、全く問題がない。新しい理論(多くは数年後には時代遅れになっている)やある1人の経験値、手法を紹介するのではなく、長年の研究の叡智を編集し、平易な言葉で記述しているところも評価できる。実践の場で活かせる学術の書。素晴らしい出来栄えである。

  • レビュー対象商品: マネジメントとは何か (単行本)

    FANTASMA UCCIDENDO MECCANISMO (YO SOY AQUEL)

すべての7レビューを表示

  • Susumu Tokushige

    マネジメントについて、実際の現場から得た見識で検証している本。『採用』『モチベーション』『リーダーシップ』『コミュニケーション』『チーム作り』『衝突の処理』『職務設計』『業績評価』『変化への対応型』に分類して解説しており、日々直面する問題への対応策を引きやすい。採用の箇所の「性格は無視し、行動で判断」する為の質問「どう対処しますか?」ではなく「どう対処しましたか?」と聞くというのは目からウロコ。変化に抵抗する理由が「安定を求めるため」とし、組織は本来安定を生むものとは面白い。行き詰まった時に再度読みたい。 続きを読む

  • デビっちん

    人間の行動、管理について何が有効で何が有効でないかをマネージャーに教えてくれる本。 マネージャーが直面する、人間行動に関する主要な問題分野ごとに構成。採用、モチベーション、リーダーシップ、コミュニケーション、チーム作り、業績評価、変化への対応。研究結果と提案。 続きを読む

  • Akitoshi Maekawa

    「端的に事実を知るのに、難解な教科書を読み通す必要はない」と言い切る一冊。採用に始まり、職務設計やリーダーシップなどマネジメントの要素を9つに分解し、59のTipsをそれぞれ4ページほどで説明している。Rの人材マネジメントポリシー、それを実現する制度・開発・採用はすぐれている、とこの手の本を読むたびに思う。足りない、強化すべきは・・・時代の変化に対応すべきことと、変えてはいけないこと。しっかりと検討してアプローチしよう。業績=能力×モチベーション×機会、だとしたときに良質な修羅場の設計は必須です。 続きを読む

すべてのレビューを読む