SBクリエイティブ

影響力の正体

ロバート・B・チャルディーニ:著者 / 岩田 佳代子:訳

説得のカラクリを心理学があばく

人に影響力を与える要素は心理学の6つの原理、「返報性」、「一貫性」、「社会的証明」、「好意」、「権威」、「希少性」に分類できる。説得のプロたちはどのようにこれらの原理を利用し、消費者から「イエス」を引き出すのかを実験結果を用いて解説します。

長年、たくみな営業マンの被害者だった心理学者の筆者が、承諾誘導のプロの世界にみずから飛び込み彼らのテクニックを観察した結果、それらの多くは心理学の原理に基づく6つのカテゴリー――「恩義」、「整合性」、「社会な的証明」、「好意」、「権威」、「希少性」――に分類できることに気がついた。

説得のプロたちはどのようにこれらの原理を利用し、消費者から「イエス」の言葉を引き出すのだろうか? わかり易いエピソードや多くの実験例からその仕組みを解き明かします。

■目次:
1章:影響を与える
2章:恩義――ゆずりあいに潜むワナ 
3章:整合性 ――心の中の邪鬼
4章:社会的な証明 ――わたしたちの真実
5章:好意 ――人なつっこい泥棒
6章:権威 ――誘導される意志
7章:希少性 ――少数派のルール

本体価格:1,980円(本体1,800円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2013年12月14日(土)
  • ISBN:978-4-7973-7402-5
  • サイズ:四六/1色
  • ページ数:400
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

著者・ロバート・B・チャルディーニ

訳・岩田 佳代子

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る