発売日 2013年12月14日(土)

WHITE ALBUM2 雪が紡ぐ旋律 4

著者名:月島雅也(著者) 桂憲一郎(イラスト)

¥700(税別)

ISBN:
978-4-7973-7498-8
サイズ:
文庫
ページ数:
400
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・月島雅也

イラスト・桂憲一郎

Twitter

Unable to load Tweets

  • 書き下ろし短編は小春√の後日談

    5.0
    べしあ

    大学編から登場したキャラクターのストーリーと、本筋である雪菜の話を上手く織り交ぜていて違和感のない良い仕上がりになっています。一巻の時点からそうでしたが、春希目線だけではなく各キャラのそのときそのときの内面描写がきちんとされているので、小説で初めて読む人にとっては非常に分かり易く、また原作のファンにとっては春希以外のキャラクターが場面場面でどのようなことを考えていたのか、ということを改めて知ることが出来ようなそんな作りになっています。クライマックスに向けて、どのような展開を迎えるのか。目が離せません丸戸史明氏による書き下ろし短編は原作ゲームにおける小春エンディングの後日談。こちらは原作をプレイ済みの人向けの内容ですのでそこは注意。

すべての1レビューを表示

  • ツバサ

    大学生編はかずさがいないから物足りない。社会人編を楽しみにしてます。 続きを読む

  • CCC

    色々乗り越えた話で終わりそうだったのに。運命の神(作者)はサディストなのか。ここから落とす手腕に期待。 続きを読む

  • 椎名

    知れば知るほど面倒で複雑で理解し難いからこそ、それ以上に魅惑的なほど魅力的なキャラクターなんだよなあ、小木曽雪菜は。誰もが笑っていないと気が済まない、誰もを幸せにしてしまう、誰よりも強欲な女の子。朋も作者お気に入りというだけあって、本当にいいキャラクターだったなと再確認。書き下ろしの小春ルートアフターは新規には優しくなかったものの、原作組には思いもよらないまさかのサービスシナリオでした。さて次巻からが本番だ。 続きを読む

すべてのレビューを読む