発売日 2014年05月15日(木)

WHITE ALBUM2 雪が紡ぐ旋律 5

著者名:月島雅也(著者) なかむらたけし(イラスト)

¥700(税別)

ISBN:
978-4-7973-7717-0
サイズ:
文庫
ページ数:
400
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・月島雅也

イラスト・なかむらたけし

Twitter

Unable to load Tweets

  • みんな読んどけ。

    5.0
    kentan

    パソコンからのユーザーです。原作との相違点ありますが、泣ける作品です。MAX評価いっときます。

  • 4.0
    猿と阿保の間

    PCだと飛ばし読みしてしまっていたので、文庫でゆっくりと読み直している感じです。プレイしてから時間が経っているので、あ〜こんな内容だったと、思い出しつつ読んでいます。中々楽しんで読ませて貰いました。PCと文庫で絵の雰囲気が違うんで、原作絵が好きな人は微妙かもしれません。そこだけ星一つマイナスにしました。

  • 雪菜が惨めで可哀想

    3.0
    Amazonのお客様

    どんだけ最低なやつなんだ!同じこと繰り返してイライラ感しかない!何がしたい?

すべての8レビューを表示

  • アウル

    coda突入編。社会人になり出張先でかずさと出会った事によりまた物語が回りだ出す。何時もながらお互いにすれ違いが多く、春希達の行動や感情が読んでいるとキツイよな。さあ最後はどちらの√になるのかな?表紙の雪菜が凄く良い。 続きを読む

  • CCC

    雪菜さんは成長した感じがある。それに比べ春希クンときたら……。どんなに決心をしても、あとちょっと、もうちょっと、今少しだけは……と延長を続け、決意をなし崩しにしてしまうあたり、深いところで信頼ならない人物である。悪人では無いんだけど質が悪い。かずささんにも問題はあると思ったが、こっちはキープがいない分だいぶマシに見える。それからピアノの演奏描写が色っぽくて良かった。 続きを読む

  • はす

    今回は5年ぶりにかずさ春希と出会ったことで、雪菜を含めた3人とも自分や相手の心にひたすらナイフを突き刺し続けあうという読んでる側の胃に来る内容でとても良かったですね、はい。 たぶん次で終わると思うんですが、ハーレムEND以外だとスッキリ終われそうにないんですがががが。まあそんな落ちになるわけないと思うので、かずさが幸せになってくれる終わりであれば個人的にはうれしいです。 続きを読む

すべてのレビューを読む