発売日 2013年10月15日(火)

マネー&ウィズダム -美少女商会の異邦人-

著者名:稲波 翔(著者) 優木きら(イラスト)

¥630(税別)

ISBN:
978-4-7973-7560-2
サイズ:
文庫
ページ数:
344
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・稲波 翔

イラスト・優木きら

Twitter

Unable to load Tweets

  • 徹底的な男女格差社会がテーマとなっている作品

    2.0
    ホリ・トオル

    女性優位な世界観の作品はいくつか見受けられますが、この作品はかなり徹底しています。しょっぱなから異世界に飛んで右も左もわからない主人公が女性陣の前で全裸で晒し上げされるなど茫然としてしまう展開が連続します。女の地位が圧倒的に高く、重要な役職は全て女性。男はむやみに街を出歩くのも汚らわしい、出る際には顔を隠すのが普通。男女比は脅威の1対20。男は種馬扱い、今作はハーレムものですが一夫多妻などもちろん有り得ないし、笑われる。逆に女が男を「所有」するのが当然という世界。ヒロイン勢もみんな主人公を家畜や下僕としてしか見ていません。比較的優しく接してくれるメインヒロインも「ペット」として主人公に接しています。(動物好きだから)成り上がりを目指す主人公ですが、とにかく作品通して終始この男性蔑視の描写が多く本当に苛々します。「男は子を産ませる機械」みたいな酷い単語も平気で出てきます。「男のくせに」と嫌味のように何度も繰り返して言い放つ女性キャラも出てきます。もちろんヒロインもデレますが根底にこういった価値観・倫理観がある分、どうにも普通の女性として見れないし、不安と不満が付きまとう。男女を逆にして考えてみれば実に不愉快で男として見過ごせない展開の連続。唯一の救いだったのは家畜小屋で暮らす主人公を温かく迎え入れてくれた動物たちです。苦境から這い上がる作品は好きですが、男女差別といったデリケートな問題をこれでもかと前面に出す作風にどうにも慣れず、途中で読むのをやめてしまいました。作者さんはマゾヒストなんでしょうか…。

  • asahi

    普段は感想の類など書かないのですが、続きが出て欲しいのでレビュー書きます!ネタバレは避けますが、あらすじの内容は裏切らないかと。成り上がりにも似たカタルシスが物語を進むにつれ得られていくのは気持ちがいいです。序盤はスキップ感が強いような気もしますが、今のライトノベルなら、読み進めていく内に気にならなくなる程度のものかなと。何より主人公が気に入りました。下手をすればGSヨコシマまっしぐらの筈が、要所を押さえる言動に思わずニヤリと。このちょっと変態でイケメンな感覚、久しぶりです。ヒロインは編集の手が入っているような感じを受けてしまったのが、少し残念でしょうか。一部チョロイン過ぎる!色々述べましたが、続きは読みたい!続刊、頼む、出てくれー!

すべての2レビューを表示

  • シュエパイ

    流行の異世界転生系で、商売を、っと。商学の水準がやったらめったら低い世界なんだなぁ。レモネードにはじまって、未知のアルザス族への商売レースの流れが楽しかったのですが、決着のつけ方に魔法のデクスエクスマキナが登場しちゃったのが、少しだけ残念。最後の最後まで商売の機転でクリアしてくれちゃっても良かったのよ・・・? 続きを読む

  • シンヤ

    それなりによめるけど深みが全く無い。登場人物が頭悪くてウィズダムには程遠い仕上がりかなと。設定も凡庸な感じで、無駄な説明が多い中途半端な作品で及第点行けるかってレベル。驚くほどに知略に欠けるというか知識・常識の肉付けが薄いから説得力が無いんだよね。必要なものが足りない、それでいて不要なディティールが目立って躓く。ストーリーの地道さは悪くなくテンポもまあまあだが、文章が自己満足系統でいまひとつ魅力に欠けるかなと。キャラぶれが無いのは評価点かな。しかし、強引で説得力不足で基盤が構築されていない皮相だけの作品。 続きを読む

  • 朝夜

    読了。地雷かと思い読みましたが以外と面白かったです。 設定はありきたりで主人公の性格がキツかったけれど何故か楽しめました。 地道にレモネード売って頑張る主人公は嫌いじゃないよ? 主人公の性格も暗い過去が関係してるのかな? 細部の設定がテキトーでしたがこれはテンションで読みきって細かい所を気にしたら負けな作品ですね。 世界設定がエロゲにしか思えない自分はもうダメかな(オチツケ 続きを読む

すべてのレビューを読む