発売日 2016年02月15日(月)

教導覇帝の完戦常勝譚〈パーフェクトヴィクトリア〉3

著者名:稲波 翔(著者) 荻pote(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-7973-8669-1
サイズ:
文庫
ページ数:
288
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・稲波 翔

イラスト・荻pote

第五回GA文庫大賞《奨励賞》受賞作家。

Twitter

  • 名前負けしています

    2.0
    さそりーまん

    これは一つの国の物語であり、3巻を通して3人の姫が主人公でした。主人公と思しきキャラが何やら裏で頑張っていましたが、そこらへんの話は全てカット!最後に救国した他国の姫やらが出てきてますが、名前すら出てきません。若干のハーレム要素も、集結せずに逃げてしまった感は否めません。また、仇敵である皇国との紛争も解決せずして完結しています。要するに、作品名と内容に違和感を感じ得ないです。一つの国の話でだけであれば、こんなもんかな?って印象でした。

すべての1レビューを表示

  • 真白優樹

    火の国との決戦となる中、突然アルクスが離脱する最終巻。姫達が頑張る裏で英雄は全てをひっくり返す。今回は最終試験的な要素で三人の姫達がそれぞれの特技を生かして立ち回る中、アルクスは全てをひっくり返す作戦を敢行する。・・・前振りも伏線もそんなに無かった気がするが最終巻だし仕方ないか。それよりも敵を自国にくぎ付けにしている間に帝国の人口を削ぎ並み居る国を統一してしまうって・・・凄く大規模すぎる作戦である。こんな作戦を実行できるならその内帝国も平らげてしまうのではないだろうか。 総じて言えば中々に面白かった。 続きを読む

すべてのレビューを読む