発売日 2015年12月05日(土)

自分を変える読書術
学歴は学<習>歴で超えられる

著者名:堀 紘一(著者)

¥800(税別)

ISBN:
978-4-7973-8067-5
サイズ:
新書/1色
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・堀 紘一

堀紘一(ほり・こういち)
ドリームインキュベータ代表取締役会長。1945年兵庫県生まれ。東京大学法学部卒業後、読売新聞経済部を経て、73年から三菱商事に勤務。ハーバード・ビジネス・スクールでMBA with High Distinction(Baker Scholar)を日本人として初めて取得後、ボストンコンサルティンググループで国内外の一流企業の経営戦略策定を支援する。89年より同社代表取締役社長。2000年6月ベンチャー企業の支援・コンサルティングを行うドリームインキュベータ設立、代表取締役社長に就任。05年9月東証1部上場。06年6月より現職。

Twitter

Unable to load Tweets

  • mitei

    読書をしない人が多い中こういう本を読むとスッキリする。読書によって教養は磨かれると思うが、現実にはそれにプラス学歴、育ちが複合的に関わるのではと思った。 続きを読む

  • 読書狂人

    ★☆☆☆☆あまりにもお粗末な本なので感想もお粗末にならざるをえない笑、内容は読書術というよりか読書をすることによる効用について。題名は「読書の効用」にしたほうがいい笑いわゆる名前詐欺本。読んだ本は捨てていいということを言っているが僕は大反対だ。読んだ本は残し何度も読み返すことでさらに理解が深まるし、書棚は自らの知的歴史である。この作者は読書は学歴を超えると言っているが当然である。何にも新しい事はない本。 続きを読む

  • みき

    著者の経験則から読書の重要性を説いた本。この著者の経験談が面白かったり、新鮮だったかな。傾倒して実際に行動してみたい!ってほどではないけれど、参考になる事柄がいくつかあった。 続きを読む

すべてのレビューを読む