発売日 2015年07月31日(金)

新幹線をデザインする仕事
「スケッチ」で語る仕事の流儀

著者名:福田 哲夫(著者)

¥1,600(税別)

ISBN:
978-4-7973-8069-9
サイズ:
四六/1色
ページ数:
240
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・福田 哲夫

福田哲夫(ふくだ・てつお)
インダストリアルデザイナー。1949年東京に生まれる。日産自動車のデザイナーを出発点として、独立後は公共交通機関や産業用機器を中心に、指輪から新幹線まで幅広い分野のデザインプロジェクトに携わる。特に新幹線車両では、トランスポーテーション機構(TDO)として300系、700系、N700系「のぞみ」をはじめ、400系「つばさ」、E2系「あさま」、E1系、E4系「MAX」の他数々の先行開発プロジェクトにも携わってきた。ビジネスやリゾート向けの特急車両、寝台車など鉄道車両の開発プロジェクトを評価され受賞多数。現在は産業技術大学院大学特任教授・名誉教授、京都精華大学客員教授、女子美術大学特別招聘講師ほか。(公財)日本デザイン振興会グッドデザイン・フェロー。共著に『プロダクトデザイン』日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)編(ワークスコーポレーション)。次世代を担う子どもたちへ"ものづくりの楽しさ"を伝えるワークショップ活動を通じて、未来への夢を一緒に描き語りかけている。

Twitter

Unable to load Tweets

  • もりけい

    N700系はとても快適である。揺れも騒音も少ない。おもてなしでデザインされたおかげというのは本書を読むとよく分かる。でも私の好きな先頭形状はいまだに500系。デザインは難しい。 続きを読む

  • ゆうゆう

    読んだ感想を一言で言うと、速いはきれい、静かは安全、ということのようだ。それぞれの命題を解決するようで、実は全て繋がっている。新幹線安全神話は、多くの人の努力の賜物なんだと、よくわかった。目標をもつことの大切さ、挑戦し続けるではなく、夢を描き続けるという筆者、mustではなくlet'sの姿勢は励まされる。 続きを読む

  • ishicoro

    プロのインダストリアルデザイナーが何を意識してデザインを仕上げているのかわかる内容でよかったですね。著者は観察眼があり、その積み重ねにより良いデザインが結果として付いてくるんだなと。先日も新幹線で帰省の際にいつの間にか寝てしまいましたがそんな空間を作るのは簡単ではないのかなと。N700ではエリアルールを意識したデザインがされている点とか工学的な視点からも興味を持てる内容でした。 続きを読む

すべてのレビューを読む