発売日 2014年12月15日(月)

ファタモルガーナの館-The house in Fata morgana- あなたの原典に至る物語Ⅱ
ファタモルガーナ

著者名:縹けいか(著者) 靄太郎(イラスト)

¥720(税別)

ISBN:
978-4-7973-8123-8
サイズ:
文庫
ページ数:
248
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・縹けいか

イラスト・靄太郎

Twitter

  • ファタモル好きなら買ってください!

    5.0
    野うさぎ

    プレイした後ですが飽きずに読めます!スチルにならなかった新しいイラストが見られますし、セリフなどももちろん新規のものがあります!ヤコポの章の話が特に最高でしたね!切ない二人の物語がまた新たな視点で見られてとても素晴らしいです!ぜひプレイした方でも、買って、そして存分に堪能してください!!

すべての1レビューを表示

  • まつ@小説家志望

    一話一話で単体の話として読んでも面白い。悲劇は後味が悪いから嫌いっていう人がいるけど、わたしはちゃんと美しくて納得できるなら悲劇のほうが喜劇よりも自然な気がする。これはそれにちゃんとあてはまる。 次巻もたのしみ! 続きを読む

  • 司苑

    2巻は最初の回想と幕間以外は本の左側から読み進めるスタイルになっている事に途中で気付いて読み直しました。挿絵が左じゃなくて右にあるのがなかなか新鮮です。今巻は不器用な夫婦の擦れ違いによる悲劇と館の住人の悲劇。話し合いと信頼って大事だね。と思いました。 続きを読む

  • うにせん

    読みやすくて続きが気になるので、さくさく読める。そして面白い!ついに「死者」の正体が分かり、4つの扉をすべて開けきったところで2巻は終わり。今のところは4巻まで出ているということで、ここまできて、一体次はどういう展開になるのか。面白いことは間違いないので、4巻まで一気に読んでしまおう。表紙が少し手に取りづらいが、切なく残酷で、少し怖いミステリの好きな方ならハマる小説。米澤穂信の作品の中でもお気に入りの1つ、「儚い羊たちの祝宴」っぽい感じもあり、私には向いていました。 続きを読む

すべてのレビューを読む