発売日 2015年01月15日(木)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 9

著者名:裕時悠示(著者) るろお(イラスト)

¥600 (税別)

ISBN:
978-4-7973-8264-8
サイズ:
文庫
ページ数:
256
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・裕時悠示

イラスト・るろお

「踊る星降るレネシクル」でGA文庫大賞《優秀賞》を受賞し、デビュー。
本シリーズ「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」は100万部突破。

Twitter

Unable to load Tweets

  • あっちっち

    前回のラストで鋭太がハーレム王になる決意をして、真涼が夜の学校で壊れてて、そこを鋭太がキスをして。。。そこからの9巻。カオルなのかカオリなのかそこは相変わらず謎だったり、真涼の母親が登場したり、まぁいろいろあったけど、生徒会選挙が始まるまでは盛り上がり欠けてた印象。逆を言えば、選挙は盛り上がりそう。鋭太と真涼の関係上、いちばんシックリくる立ち位置に来たような気がします。2人だけの世界が構築されつつあるように感じます。生徒会選挙の決着と同時に鋭太たちの関係も決着がついて欲しいと思います。 続きを読む

  • チェシャ猫

    恋愛脳に侵されていく二人。まさか最後にそうなるとは予想できなかった。 けど よく考えるとジャンプにありがちな展開だけど、普通恋人からライバルになるのって、過去の話か、相手のことを思って助けるためっていうのが王道で、恋人から別れて、自分のために相手の注意をひくためライバルになるっていうのは、案外少ない気がする。 続きを読む

  • よっち

    不安定なままの真涼を見すごせず、愛衣や暗躍するカオルの協力もあってハーレム王となる決意をする鋭太。とはいえ真涼と千和の二人に対する態度は慎重で、鋭太の行動に反応し過ぎの真涼は不安定だし、千和は千和でそんな簡単には容認しなさそうだし、さらには真涼が鋭太の対立候補として生徒会長選に突如立候補。各々が思い思いに突っ走っているだけで、目指していたはずのみんなの幸せとかいう精神には程遠く、本来向かうべきところから無駄に遠回りして、迷走しているだけのようにも思うんですが、このカオスな展開はどこに向かうんでしょうね。 続きを読む