発売日 2015年07月16日(木)

ボスコン流 どんな時代でも食っていける「戦略思考」

著者名:牧野 知弘(著者)

¥1,300(税別)

ISBN:
978-4-7973-8276-1
サイズ:
四六/1色
ページ数:
232
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・牧野 知弘

牧野知弘(まきの・ともひろ)
1959年アメリカ生まれ。東京大学経済学部卒業。ボストンコンサルティンググループを経て、三井不動産に勤務。不動産の証券化に尽力し、2006年、J-REIT(不動産投資信託)である 日本コマーシャル投資法人を上場。現在、オラガHSC株式会社代表取締役としてホテルオーナーに対するアドバイザリーの他、ホテル・不動産市場に関する論説、講演活動を展開。『なぜ、町の不動産屋はつぶれないのか』(祥伝社新書)、『それでも、あなたは新築マンションを買いますか』 (中央公論新社)などの著作がある。

Twitter

Unable to load Tweets

  • kouich

    最新の戦略思考かと思ってが、以外と泥臭い? 「仕事は京思っただけで明日幻術する事は無い。仕事はずいぶん時間がかかる根気の必要な作業だ。でも毎日努力する人だけが成功を手にする。」 続きを読む

  • Hideo Kawahara

    プロダクトポートフォリオマネジメント 製品ライフサイクルを元に、金のなる木、花形商品、問題視、負け犬、とする。 スライドは、まずは、結論を先に! (説明手順) 1)事業の結論(がイメージできる) 2)事業収支(がしっかり見通せる) 3)リスク評価(が適切である) 「意見がないから会議に参加する意味がない」 「他人の意見にかぶせるようではだめ」 意見と評論について 自分が舞台にたっていない、一歩下がってプロジェクトを語る。これが評論。 可能性を語っておくに過ぎない。(なんでも知ってますよ的な) 可能性の積 続きを読む

  • 幸福堂

    不動産の専門家として有名な牧野氏であるが思考法そのものよりもボスコンでのカルチャーショックや挫折経験が興味深く読む事ができた。 DE:12 続きを読む

すべてのレビューを読む