発売日 2017年02月25日(土)

何もしなくても人がついてくるリーダーの習慣

著者名:谷本 有香(著者)

¥1,400(税別)

ISBN:
978-4-7973-8283-9
サイズ:
四六/1色
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・谷本 有香

谷本 有香(たにもと ゆか)
Forbes JAPAN副編集長 兼 WEB編集長。大学卒業後、山一證券に入社、社内の経済キャスターに抜擢される。しかし2年後、会社が自主廃業となり、フリーランスキャスターの道を選ぶ。十数年にわたって経済キャスターの第一線で活動し、日経CNBCでは初めての女性コメンテーターに抜擢される。世界VIPへのインタビュー含め、これまで3000名を超える取材を行う。Bloomberg TV、日経CNBCなどを経て、現在は、Forbes JAPAN副編集長並びにForebes JAPAN WEB編集長。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 何もしなくても?

    4.0
    ムース・スー

    著者が時間をかけてお会いしたリーダーたちのエッセンス。これだけのことを実際に学ぼうと思ったら膨大な時間とコストがかかるでしょう。繰り返し繰り返し読んで、少しでも身に着けられたらと思う内容です。何もしなくても人がついてくるようになるには、自分自身がそれ相応の考え方を身につけないといけないということでしょうね。

  • 5.0
    とむらひかる

    リーダーはリーダーとしての威厳を保つべきという従来の考え方とは全く逆の、ありのままの自分を仲間に見せることの大切さについて丁寧に執筆された本でした。スターバックス創業者、米国大統領、著名投資家等、誰しもが聞いたことのある著名人が例として取り上げられ非常に理解しやすかったです。リーダーのみならずリーダーを横から支える方にもおススメできる本です。素敵でした。

  • 自分が天才になるのではなく、部下を天才にすること

    5.0
    Amazon カスタマー

    組織運営やマネジメントの肝心なことは、自分が天才になるのではなく、部下を天才にするために、どのような職場環境づくりをするか、特に、自らの人柄を部下の力を最大限に発揮させるように自然体にすることを説く。筆者自身の追い込まれた環境から否応なく身につけたものだが、皆に役立つと思う。

すべての7レビューを表示

  • Kentaro

    人をほっとさせながら惹きつけ、巻き込んでいくチャーミングさは非常に重要な資質だ。トップリーダーの特徴は、自分より優秀な人にどんどん頼り、仕事を任せるという点だ。そのほうが各人の強みを活かせるので、組織のビジョンを実現させやすい。任された相手もますますやる気を出し、新たな挑戦をする。それが成功すれば、自信を得てさらに大きな挑戦ができるという好循環が生まれていく。「成功の秘訣は自分より優秀な人を雇うのを怖がらないこと」そして「大げさなデタラメのように聞こえることを、現実にするのが起業家であり、経営者である」。 続きを読む

  • Sakie

    言葉の扱いが丁寧で好感が持てる。書かれる大抵の要素はリーダーでなくとも人皆心がけるものが多い。とりわけ「自然体」がキーワードとして頻出する。解釈は様々あるが、概してなにかを演出することが自身の時間と労力を奪うこと、対してその演出が他者の目にそれ程プラスにならないことを知っているのだ。服装はナチュラルが良いと言っても、見え見えの抜け感が印象を好転しないのに似て、「そのまま」が最強なのだ。加えて、敢えて論理的に言わないなど対話のスキルを持っている。天然ボケを装うことを「養殖」とは上手い。率直であること。 続きを読む

  • 米山智裕@Share読書.Com

    【自然体=あなたの最強アイテム!】 経済キャスター・谷本有香氏が、1000人以上のトップリーダーを取材した結果、”自然体”が成功を引き寄せると紹介。何もしなくても人がついてくる習慣の身につけ方とは? <3つの実践ポイント> 【1】肩書きではなく、名前で呼ぶようにする 【2】「自然体で過ごせたか?」と1日終わりに振り返り、できなかったことを書き出す 【3】「今日が人生最後の1日」と思って、人に接する 続きを読む

すべてのレビューを読む