発売日 2015年12月15日(火)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 10

著者名:裕時悠示(著者) るろお(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-8324-9
サイズ:
文庫
ページ数:
288
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・裕時悠示

『踊る星降るレネシクル』でGA文庫大賞《優秀賞》を受賞し、デビュー。 シリーズ『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』は180万部突破。アニメ、コミック等で展開。 2016年に新シリーズ『29とJK ~業務命令で女子高生と付き合うハメになった~』(イラスト:Yan-Yam)も開始。 「29とJK」もガンガンGAにてコミカライズ開始、コミック1~4巻も発売中。最新刊5巻9月発売。

イラスト・るろお

Twitter

Unable to load Tweets

  • なんかもう途中からめちゃくちゃですね

    2.0
    磯野マグロ

    TV放送の冬海愛衣ちゃんが大好きになり、このキャラ目当てで原作にまで手を出しここまで買い揃えましたが、出番も少なくなってきたし、主人公がハーレムを作るとか決意しだした辺りで見なくなりました。TV放送では感じませんでしたが、原作では愛衣ちゃんって出始めちょっと毒舌キャラだった印象。それが知れただけでも貴重なのかな。ラノベアニメで原作にまで手を出したのはこれが初めてですがこの流れだと二期はやっぱり難しいんだろうなって気が致します。

  • 5.0
    親カッパ

    彼女がいて、幼なじみがいて、元カノ、婚約者と限りなく修羅場に近いラノベラノベで10巻ともなると、いろんなところに無理が出てきてと大変な感じがしますがこれもそんな感じになってきました。あらすじは、とうとう生徒会長選挙、主人公のえいたの他、意外な人が対抗馬として立候補して選挙戦に入ります。 そして主人公の姉も少し難しい状況に入り、えいたも医学部進学が経済的に難しく。。。という巻です。こんな書き方をすると語弊があるかもしれませんが、中途半端がいっぱいです。新登場のリス子ちゃんは、なんでこの巻に登場したのかわからないしえいたの医学部進学の悩むのも結局あっさりした流れに落ち着きますし生徒会会長選の公開討議も、いまいち練れてないせいか現実との乖離が大きすぎるように感じて、そんなあっさり結論していいの?という感じがします。にせ彼女の真涼ももにょもにょ、すくなめですし。とはいえ、久しぶりにこのメンバーが登場するラノベパワーダウンは否めないものの読める幸せで少し甘い評価になっているかもしれません。

  • 超展開などはなく

    5.0
    アマゾネッサー

    ほんの少しずつ物語は動いています。選挙のくだりはしっかり完結します。そして新たな展開といった内容でした。よんできて思ったのですが、リス子はともかく、生徒会の幼なじみやら、最上、真涼父、マナもかな...まぁ俗に言うサブに位置するキャラクターの魅力が弱い。(カオル、冴子さんは別です。アリです)もう少しキャラ数をまとめるか、掘り下げてほしい。あくまで現時点ではですが、例えば最上ゆらは、医者である最上父と通ずるためのツール程度。生徒会幼なじみは真涼に恋愛脳と言いつけたくらいしか活躍してませんし。まぁその分メインキャラの魅力は素晴らしいし大好きなので別に不満じゃないです(笑)でもねー、今巻はラブコメが少ねえ!!!ギャグも少ねえ!!もしくは切れ味が足りん!当初のような、まさにラブコメ!てきな雰囲気が好きなのですが、まぁ話の展開てきに昔のままなんて無理ですもんね。でも次巻はコミカルな展開にも持って行けそうなので楽しみです!☆4のつもりでしたが、期待を含め+1

すべての6レビューを表示

  • Yobata

    真涼と戦うことになった生徒会選挙で、ハーレムを目指す鋭太は千和,ヒメ,愛衣の力を借りて勝負に臨むも、真涼が掲げた公約は「恋愛禁止」。さらに伯母の冴子さんが失職してしまい、鋭太の医学部への道が厳しくなり…。真涼とのバトル。今まで一緒にいたからこそ強敵であることを知っているも、その強さを前に楽しみを抑えられない鋭太と、離れていても関係性バッチリな二人だね。しかし一人の時はもにょもにょしか言ってないやつが「恋愛禁止」を掲げるとか、どんだけ素直じゃないんだかwそんな真涼との直接討論対決で、恋だ愛だを超えた関係を→ 続きを読む

  • あっちっち

    お久しぶりです。前回から間が空きすぎだったので、前回までのラブライブ!ならぬ、俺修羅が冒頭にあったので、なんとなく記憶が蘇っての読書に入れたので、良かったです。今回のメインは生徒会長選挙でしたが、結果として自演乙メンバーにとっては総じて良い方向に向かったのではないかなと思いました。冴子さんが無職になり、本家に続いてパチレモンも休刊となり、修羅場も新たなステージに続いていくようで楽しみです。また、鋭太の医学部への決意やそれに対して冴子さんの想いなどただのラブコメではなかったところ良かったです。 続きを読む

  • よっち

    医学部推薦のため生徒会長に立候補した鋭太に対し、公約に「恋愛禁止」を掲げ真涼も立候補する第十弾。真涼をハーレムに取り込もうと目論む鋭太に、恋愛アンチの本性を剥き出しにした真涼が一対一の公開討論を仕掛けた生徒会長選。素直になれない真涼の迷走に周囲が振り回された感もあった今回でしたが、本音でぶつかり合う鋭太と真涼のジョジョネタ語りは無駄に熱かったですね(苦笑)紆余曲折あって結果的にみんなで一つの目的に向かって協力するような雰囲気になりましたけど、パチレモン危機がこういう形で話に絡んでくるとは思わなかったです。 続きを読む

すべてのレビューを読む