発売日 2016年04月06日(水)

人類最強の「糖質制限」論
ケトン体を味方にして痩せる、健康になる

著者名:江部 康二(著者)

¥800(税別)

ISBN:
978-4-7973-8460-4
サイズ:
新書/1色
ページ数:
272
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・江部 康二

江部康二(えべ・こうじ)
医師。一般財団法人高雄病院理事長。
一般社団法人日本糖質制限医療推進協会理事長。
1950年京都府生まれ。74年京都大学医学部卒業。
京都大学胸部疾患研究所を経て、78年より高雄病院に医局長として勤務。
2000年理事長就任。01年から糖質制限食に取り組む。
02年に自身の糖尿病に気づき、自ら糖質制限食を実践、肥満と糖尿病を克服。
豊富な症例をもとに糖質制限食の研究を続けている。

Twitter

『人類最強の「糖質制限」論』(#江部康二 著、#SB新書 )を読んだ。3年ほど前からゆる〜く糖質制限してきて、かなり成果は出てきたものの、最近リバウンド気味だったので、気合いを入れ直すつもりで読んでみました。
痩せたいなら、運動よりも食事がポイントなんだよな。

Load More...
  • 今までの栄養学を一新させてくれた

    5.0
    ツーリスト

    ダイエットといえば、カロリー制限だった。また、健康食といえば、玄米菜食であったが、たんぱく質脂質の重要性を認識させてくれた。人類の糖質依存も歴史が浅いことも、よく分かった。

  • 5.0
    ミニマリスト

    糖質制限の本を何冊か読んだが、その中で1番分かりやすく書いてあると私見で感じた。何回も繰り返し読んで頭の中に入った。おすすめ。

  • 読むべき一冊。

    4.0
    北欧大好き

    糖質制限を実践しようとする人は読んだ方がいい本だと思います。とても参考になりました。

すべての53レビューを表示

  • ナイスネイチャ

    プチ糖質制限中なので。非常にわかりやすくシンプルな説明がありがたい。ケトン体はあまり説明されてなかったが素直に理解できる内容。 続きを読む

  • 修一郎

    プチ糖質制限を始めて2か月。HbA1cが1.0%下がったのに加え,TGも一気に125mg/dl下がったので、まぁ順調といえるのではないか。間食してばかりの食生活を続けていたら,早晩インスリン投与生活になっていたろう。Webなどで学んだ知識の整理のために読んだが,コンブやカシューナッツがNGなど、新知識も増えたので読んでよかった。作者は糖質制限食推進の第一人者だが,日本糖尿病学会とは仲が悪いようだ。実践する側としては,新知見を取り入れつつ様々な学説とうまく折り合いをつけながらやっていこうと思う。 続きを読む

  • ゆいまある

    私の周りでも糖質制限が大流行りである。自分じゃやる気はしないけど、知識として一番良さそうなこの本を読んでみた。如何に糖質が毒で、糖質制限が体にいいか書いてある。筆者は糖尿病治療しているお医者さん。玄米菜食+魚(私もこれが理想だと思ってた)を続けたのに自身も糖尿病を発病したことを契機に糖質制限を始めたところみるみる痩せたそうです。コレステロールは制限しなくていい、飽和脂肪酸も制限しなくていいと言われても実践するのは怖いなあ。自分が糖尿病になったら考えよう。情報量が多くテンポよい文章で、読み物として面白かった 続きを読む

すべてのレビューを読む