発売日 2016年11月15日(火)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 12 ドラマCD付き限定特装版

著者名:裕時悠示(著者) るろお(イラスト)

¥2,200(税別)

ISBN:
978-4-7973-8830-5
サイズ:
文庫
ページ数:
344
付録・付属:
音声CD

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・裕時悠示

『踊る星降るレネシクル』でGA文庫大賞《優秀賞》を受賞し、デビュー。 シリーズ『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』は180万部突破。アニメ、コミック等で展開。 2016年に新シリーズ『29とJK ~業務命令で女子高生と付き合うハメになった~』(イラスト:Yan-Yam)も開始。 「29とJK」もガンガンGAにてコミカライズ開始、コミック1~4巻も発売中。

イラスト・るろお

Twitter

Unable to load Tweets

  • 1巻からは想像もつかない話になった。良い意味で。

    5.0
    興国寺殿

    次巻では一波乱ありそうな終わり方。恋愛アンチだから、誰もを選ばない、誰もを愛する。それゆえのハレームですが、果たしてどうなるのか?カオルの狂気の一端が描かれています。これもどうなるのか?

  • 5.0
    Amazon カスタマー

    愛衣ちゃんが寄り添うシーンだけでも読む価値はある。グッときますた

すべての2レビューを表示

  • ろころこ

    カオルが攻めてきた。ほもをガチ絡みさせてくるあたりこの作品ほんと好き。 続きを読む

  • Ency [L-N]

    会長となった鋭太の生徒会活動開始と学園祭と、コミケでのコスプレをきっかけにした姫香の突然のブレイクと…、12巻でした。数巻前の感想で「安定している」なんて書いていた姫香さんが、ここにキテ渦中の存在になるとは…。嵐の前の静けさでしかなかったってカンジだわ…。真涼プロデュースによる姫香の更なる人気後押し作戦が始動したり、それに鋭太たちの進路なんかも絡まってきたりもして中々に興味深く。ますますこの物語はどこに向かっているのか…ってカンジだが、終盤のとある対峙シーンで鋭太が発した言葉がその答えだろうかねぇ、と。 続きを読む

  • 青雲空

    12巻。マラソンに例えると、ゲートをくぐってゴールまであとトラックを一周というところか。結末に向け一気にギアを上げてきた感じ。 「ルールを守れない人間は、ルールに守ってもらえない」 いやに重い言葉が投げかけられ、いよいよ鋭太は最初の人生の修羅場を迎えそう。早く続きが読みたい。 続きを読む

すべてのレビューを読む