発売日 2018年10月16日(火)

[Si新書]私たちは時空を超えられるか
最新理論が導く宇宙の果て、未来と過去への旅

著者名:松原 隆彦(著者)

¥1,000(税別)

ISBN:
978-4-7973-8899-2
サイズ:
新書
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・松原 隆彦

1966年、長野県生まれ。京都大学理学部卒業、広島大学大学院理学研究科博士課程修了。博士(理学)。東京大学大学院理学系研究科 助手、ジョンズホプキンス大学物理天文学科 研究員、名古屋大学大学院理学研究科 准教授などを経て、高エネルギー加速器研究機構 素粒子原子核研究所 教授。専門は宇宙論(宇宙の構造形成と進化、観測的宇宙論の基礎理論、統計的宇宙論、宇宙の大規模構造、重力レンズ、宇宙背景放射ゆらぎなど、観測による検証が可能な宇宙論を中心とする理論的研究)。著書に、『宇宙の誕生と終焉』(サイエンス・アイ新書)、『宇宙に外側はあるか』『目に見える世界は幻想か?』(光文社)、『現代宇宙論』『宇宙論の物理 上・下』(東京大学出版会)などがある。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

私たちは時空を超えられるか"]
  • 1G宇宙船で時空間を越えよう

    5.0
    鉄人31号

    松原隆彦さん著作の「宇宙の誕生と終焉」という本で壮大な宇宙の歴史を楽しく、そして「常識を超えた」形で学習をさせてもらったが、この本も期待に違わず、嬉しい内容である。まず、図表や写真が毎ページにあり飽きさせず、文字も比較的大きく読み易い。今回の主人公は、1G宇宙船である。地球の重力加速度を保つ宇宙船。1Gなので地球上と同じ環境で過ごせる。楽ちんである。これで時を超え、遠い空間を旅する。ウラシマ効果と呼ぶのだそうだ。ドラえもんとなって未来に行き(過去は難しそう)、ウルトラマンの故郷のM78星雲も旅する。10年の旅で25年経過し、20年では330年にもなる計算。アンドロメダ銀河は、57年の往復の旅で250万年。人類は生存していないだろう。1G宇宙船は技術的には無理だが、理論的には計算できる。凄いことだ。第3部の「人間原理」も興味深い。宇宙を観測する人間の存在とは?!。私が存在しなくても宇宙はあるだろうが、全ての知性がないとすれば宇宙は存在するのだろうか。或は逆か。これは哲学でもある。肩の凝らない良書です。

すべての1レビューを表示

  • Gordon

    久し振りの宇宙本。本屋で見つけて即買い。 文字ばかりの解説本に比べてカラー写真やイラストが多く、どんどん読み進められた。 相対性理論を用いて未来に行くタイムマシンが理論的には可能な事ははなんとなく知っていたが、過去に行けるタイムマシンまで可能な説については驚きだった。そして多元宇宙や無限に関する考察も興味深い。こういう思考実験的な内容は自分なりに考えるのは頭の体操としてもとてもいいと思う。 続きを読む

  • みんみん

    相対性理論に基づいて、時空を超えることができるかどうかを、イラスト入りでわかりやすく書かれています。結論から言うと、「現代の技術ではまだ無理だが、理論上は可能なのでもっと科学が進歩すれば可能性はある」。昔は、空を飛ぶことも、ましてや宇宙空間に飛び出すことも夢物語で空想の話でしたが、それらが既に実現していることを考えると、あと何十年、あるいは何百年かすると、時空を超えることも当たり前の世界になっているかも知れません。 続きを読む

すべてのレビューを読む