発売日 2017年08月23日(水)

3原則
働き方を自分らしくデザインする

著者名:山梨 広一(著者)

¥1,500(税別)

ISBN:
978-4-7973-9048-3
サイズ:
四六/1色
ページ数:
232
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・山梨 広一

山梨広一(やまなし・ひろかず)
1954年東京生まれ。東京大学経済学部卒業、スタンフォード大学経営大学院(経営学修士)修了。富士写真フイルムを経て、90年マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。95年からパートナー、2003年からシニアパートナー。
小売業、消費財メーカーおよびその他業界の企業の戦略構築や組織変革、マーケティング、オペレーション改革など、マッキンゼー日本支社において最も豊富なコンサルティング経験を有する。
2010年から2014年まで、東京大学工学部大学院TMI(技術経営戦略学専攻)で「企業戦略論」の講座を指導、また同大EMPにて「消費論」の講義を行っている。
2014年、マッキンゼー退社後、イオン株式会社執行役を経て特別顧問。2016年から株式会社LIXILグループ取締役。
著書に『プロヴォカティブ・シンキング 面白がる思考』『シンプルな戦略』(以上、東洋経済新報社)、『マッキンゼー プライシング』(共著)、『マーケティング・プロフェッショナリズム』(共著、以上、ダイヤモンド社)、『ニューグロース戦略』(共著、NTT 出版)などがある。』(共著、NTT 出版)などがある。

  • らぴす

    ますます短時間で最大限の生産性を求められる今、個人ひとりひとりがどうやってその波に飲まれるのではなく、波をコントロールすればいいのか。効率化、重点集中、遊び。一見相反する三つのコラボが相乗効果を生む。どこまで自分の中に取り入れられるか。悶々と想像しながら読んだ。 続きを読む

  • 幸せ男

    ★★☆☆☆ 目的から考えるということか。業務の生産性を考える上では役に立つ内容。ただし、同じ生産性のテーマなら伊賀さんの「生産性」の方がよりクリティカルな印象。 続きを読む

  • Takateru Imazu

    3原則 働き方を自分らしくデザインする 著:山梨 広一 それぞれの仕事を 原則1:無駄をなくす 原則2:徹底的にこだわり抜く 原則3:あえて「遊ぶ」 の3つの原則を自由に組み合わせて、自分らしい働き方をデザインする。そうすることで初めて、真の意味での「クオリティ・オブ・ライフ&ワーク」が手に入る。 本書は、これからの時代に必要な「しごと」の再定義を提唱 続きを読む

すべてのレビューを読む