SBクリエイティブ

誰が「都政」を殺したか? 特別対談 小池百合子東京都知事

上杉 隆:著者

五輪、豊洲市場、都議会……小池百合子を取り巻く政治バトル、その行きつく先は?

都庁、都議会という「伏魔殿」に切り込む小池百合子都知事。
17年、都政取材を続けてきた、ジャーナリスト・上杉隆。

今の都政の諸悪の問題とはいったい何なのか?
その問題に、小池百合子がどう対峙していくのかを、上杉隆が問いただす!

2016年7月の都知事選の勝者vs.敗者、保守vs.リベラル、「出る杭」同士のふたりによる異色の対談を収録。

公約に「都政の透明化」を掲げた小池さん。
一般人からすると、都議会や都庁は、どのような画策がなされているのか見えない「伏魔殿」のような存在だ。
また、予算13兆円、職員16万人という大組織のトップとして、小池さんがリーダーとして、どのような組織作りを目指しているのか。

「伏魔殿」を改革中の小池都知事に、都政を取材して17年のジャーナリスト・上杉隆が、その本気度を問う。

■目次:
第1章 なぜ豊洲問題はブラックボックス化したのか
第2章 なぜ東京オリンピック問題は混乱を極めたのか
第3章 五輪招致は「カジノ構想」の起爆剤だった
第4章 2016年東京都知事選挙、敗戦記
第5章 山積みする都政の課題、その解決策

定価:1,100円(本体1,000円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2017年1月14日(土)
  • ISBN:978-4-7973-9056-8
  • サイズ:四六/1色
  • ページ数:256
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

著者・上杉 隆

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る