発売日 2017年09月16日(土)

仕事のスピードと質が同時に上がる33の習慣

著者名:鳥原 隆志(著者)

¥1,300(税別)

ISBN:
978-4-7973-9321-7
サイズ:
四六/1色
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・鳥原 隆志

鳥原 隆志(とりはら たかし)
株式会社インバスケット研究所代表取締役。インバスケット・コンサルタント。1972年生まれ。大手流通業にて精肉や家具、ワインなどさまざまな販売部門を経験し、スーパーバイザー(店舗指導員)として店舗指導や問題解決業務に従事する。昇進試験時にインバスケットに出会い、研究とトレーニングを開始する。その経験と問題解決スキルを活かし、株式会社インバスケット研究所を設立し、主に法人向けのインバスケット教材開発と導入サポートを行う。講演や研修及びテレビや雑誌でも活躍中。日本のインバスケット第一人者として、最近は国内だけではなく海外でも活動している。著書に『究極の判断力を身につけるインバスケット思考』(WAVE出版)など多数。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 帯や表題とは無関係の中身

    1.0
    忍び寄るぼた餅

    デキる人間のなかで、そのうちの数パーセントの上位層だけがやっている特別な習慣、というのが売り文句になっていますが、それについては一切触れられていません。本書籍の内容は、ネット記事におちてそうなレベルの、33個のライフハック的な習慣の寄せ集めであって、読み進めれば分かりますが、最初の8~9個目で前項との矛盾が出始めます。恐らく、33個の習慣について、その全部を筆者が書いていないのでしょう。例えば、四六時中働いていては人間は持たない、極力フリーになれる時間を作ろう!だからメールチェックとかは殆どしない!みたいな内容が、何項か進むと働いていない時間がもったいない! 時間を無駄にするな! 隙間時間でメールをチェックだ!になります。こういうのが次々に出てきます。またそれら全部の説明が、どれも抽象的で、具体的にどういう理由をもって、どう臨んでいるかは、についてはなんにも書かれてません。どの習慣に目を通しても「これをやったら成績アップした!」くらいの眉唾です。数字が全てとは言いませんが、具体性を示すような資料も何一つ提示されません。とにかく根拠に乏しく、胡散臭いのです。例えるなら「礼儀・作法」を謳ったありもしない伝統のでっちあげのようなもので、新興宗教レベルのどうでもいい内容の寄せ集めです。一貫性も纏まりもありません。参考になる部分がある人も居るでしょうが、真に受けてはいけない本ですね。

  • 4.0
    AMZ customer

    仕事の質とスピードを同時にあげるというタイトルは確かにそうですが実際に書いてあることをアウトプットする際に必要な環境(働いている立ち位置や組織の体質)によって難しいこともあるように感じられました。ある一定以上の役職者でかつ大きな企業に勤めている人であれば実践可能かと思います

  • 「デキる人の習慣」を取り入れることのメリット・効果は計り知れない

    5.0
    カスミ夜空

    著者は、インバスケット研修を通じて、延べ1万人のビジネスパーソンの行動データを分析されているだけあって、生産性が高い人がもつ独自の視点や価値観、ルーティンなどを学びたい人にはとても説得力のある実践思考の良書です。残業を減らすためには何をすればいいのか、チームがまとまるコミュニケーションのとり方から部下への接し方についてなど、生産性を上げ時短を達成し結果を出す方法がわかりやすくまとめられています。一部の「デキる人の習慣」など、自分にはおよそ関係のないことだと思っていましたが、人間は結局、毎日の習慣やルーティンによって思考や人格が形成されていくのでしょう。「働き方改革」と叫ばれ、個々人がこういった「デキる人の習慣」をビジネスライフに取り入れることのメリット・効果は計り知れないと感じました。

すべての3レビューを表示

  • ジョンさん

    優先順位は、「その仕事を聞かなかった時の影響度」を基準につけること。薄いカバンを持つこと。緊急度・重要度マトリクスで時間管理をすること、毎日ブログを書くこと。早速実践だ。 続きを読む

  • カークス

    仕事の質とスピードを上げている人が、何をしているか学ぶには最適な本。特別に難しい習慣は紹介されておらず、誰でも取り組める内容と思う。大事なことだけに時間を割いて、余裕を持ったスケジュールを作ることが肝要。当たり前なことだが、私の仕事ではまだまだ改善が必要だと感じた。特に書類の使用、リターンメールは今後控えよう。 最後に、やはり鳥原さんの書籍はストーリー仕立ての方が読みやすくて好きですね。 続きを読む

  • あきら

    ☆1.5著者が過去に自分の本を読んだ人から「自分には合わない」と感想をもらった事があるそうです。残念だと思ったそうで。合わない事が残念だったのではなく、試さない内にダメと決めてしまっている事が残念だったそうです。…何と傲慢なwww書いてある事は正しいと思うのですが、メッセージ性が弱いせいか、試そうと思う事は、残念ながら、ありませんでした。 続きを読む

すべてのレビューを読む