発売日 2019年04月16日(火)

[Si新書]統計学 最高の教科書
現実を分析して未来を予測する技術を身につける

著者名:今野 紀雄(著者)

¥1,000(税別)

ISBN:
978-4-7973-9533-4
サイズ:
新書
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・今野 紀雄

1957年、東京生まれ。1982年、東京大学理学部数学科卒。1987年、東京工業大学大学院理工学研究科博士課程単位取得退学。室蘭工業大学数理科学共通講座助教授、コーネル大学数理科学研究所客員研究員を経て、現在、横浜国立大学大学院工学研究院教授。おもな著書は『数はふしぎ』、『ざっくりわかるトポロジー』(共著)、『マンガでわかる複雑ネットワーク』(共著)、『図解雑学 複雑系』、『図解雑学 確率』、『図解雑学 確率モデル』(ナツメ社)など。

Twitter

Unable to load Tweets

統計学最高の教科書"]
  • 説明、結構はしょってます

    2.0
    いもでん

    わかってる人がざっと復習するための本ですね。確率統計の教科書的な説明ががどんどんされて終わりです。入門向けと深く学びたい人にはもっといい本があります。いいのは二色刷りできれいな本だったのと安さですかね。

  • 5.0
    エラスティカ

    この本は統計学をこれから学びたい人にはとてもよい本だと思う。データサイエンスの時代、統計学とは従来関係がなかった分野(理系の全分野)の学生も統計を学ぶ必要がある。低学年の大学生向けに「統計学」のよい本はないかと探していたが、これは正にうってつけの本ではないかと思う。基礎が丁寧に解りやすくかみくだいて解説されている。余計なことが書かれていたり、必要な概念を抜かしていることもない。ミニマムを正統的に書かれている。逸話や説明がとても面白く、とても理解しやすい本である。

  • レビュー対象商品: 統計学 最高の教科書 現実を分析して未来を予測する技術を身につける (サイエンス・アイ新書) (Kindle版)

    テック

    どこか掴み所のない「統計」の考え方を丁寧に解説してくれる良書。日常生活の例を中心に、基本的な確率の性質や特徴を楽しく学べた。普段感じている感覚と一致することや、そうでないことも発見でき、本を読み終えた時には、様々な確率を計算してみたくなる良い本でした。

すべての4レビューを表示

  • じょにー

    3章までは高校数学の復習みたいな感じで、4章から難しい話が出てくる。統計って理屈はわかるんだけど、計算がややこしいから自分で計算するとミスしそうだなぁ。 危険率の話はこの前読んだ『原因と結果の経済学』でも書いてあった。うまく使いこなせたら日常生活やゲーム等で確率を認識するときに役立ちそう。 続きを読む

  • stki5236

    ★★★☆☆ 続きを読む

  • bookman0307

    「宝くじを買えば買うほど、回収金額が投資額の半分に近づくという恐ろしい現実です。」(P79) 続きを読む

すべてのレビューを読む