発売日 2019年05月16日(木)

[Si新書]微分積分 最高の教科書
本質を理解すれば計算もスラスラできる

著者名:今野 紀雄(著者)

¥1,000(税別)

ISBN:
978-4-8156-0151-5
サイズ:
新書
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・今野 紀雄

今野紀雄――Norio Konno
1957年、東京生まれ。1982年、東京大学理学部数学科卒。1987年、東京工業大学大学院理工学研究科博士課程単位取得退学。室蘭工業大学数理科学共通講座助教授、コーネル大学数理科学研究所客員研究員を経て、現在、横浜国立大学大学院工学研究院教授。おもな著書は『統計学 最高の教科書』、『数はふしぎ』、『ざっくりわかるトポロジー』(共著)、『マンガでわかる複雑ネットワーク』(共著)(サイエンス・アイ新書)、『図解雑学 確率』『図解雑学 確率モデル』(ナツメ社)など。『Newton』(ニュートンプレス)の監修なども務める。

Twitter

Unable to load Tweets

微分積分最高の教科書"]
  • ものすごくていねいな説明

    5.0
    カラス山

    ものすごく丁寧な説明です。学校の先生が、この本一冊ぶんの説明をしていたら授業が進まなくなって微分積分以外のことをしないうちに1年過ぎてしまうかもしれません。ですから学校の先生の説明で理解できてしまった人は別にして「試験問題は解けるけど、理解したかと言われたらそうとも言えない」人はこの本を読んだほうがいいです。もちろん理解どころか試験問題さえも解けないひとならなおさらです。社会人で「学生時代はなんとなく計算テクニックを身につけていたので受験は通って入学して卒業しちゃったけど、あの計算の意味は何んだったんだろう」と思ったらこの本を読むと良いです。私は中学を卒業してすぐに就職したあと、工場に収める数値制御機械のアナログコンピュータ部分のシステム設計とアナログ回路のプログラミングを仕事としていました。お客様先で自動化する部分の工程を分析して数値制御の回路設計をするには先に微分方程式をいっぱい書きまくる必要がありました。割り当てられた仕事では微分や積分が基本ですからこういう話はわかっていたつもりでした。でも中卒入社時点で会社からこんなに丁寧な説明を受けたことはありませんでした。こんなに丁寧な説明の本が当時もしこの世にあったら高卒や大学出の人たちにあんなにしつこく教えてもらう時間を取らせなくて済んだのになあと思いました。

  • 5.0
    999

    微分積分の本はいくつか手に取りましたが、どれもこれも最初はやさしいものの途中からよく分からなくなり挫折しました。ところがこの本は違いました。頭にすんなり入ってきて分かりやすく、しかも面白い。眺めているだけでも不思議と理解できます。他の本にありがちですが、よく数式を「積分はこう表記します」と書かれていますが、この本は数式の記号の意味まで事細かく説明してくれます。そのおかげで微分積分の全体像をイメージすることができました。また式がもつ意味も直感的に理解できるようになりました。私はAmazonでは購入していませんが、タイトル通り「最高の教科書」だったのでレビューさせて頂きました。

  • レビュー対象商品: 微分積分 最高の教科書 本質を理解すれば計算もスラスラできる (サイエンス・アイ新書) (新書)

    マイケル

    微分積分の基本概念を要領よくコンパクトにまとめている。公式を証明するような部分はあえて立ち入らないことで読みやすくしているので、これ一冊で自習するには向かない。また、扱う範囲もあえて絞りこんでおり、高校学習指導要領の数学IIレベルに相当する。予習するには少々説明不足なので、微積の基礎のみを、さらりと「復習」するのに最適。

すべての3レビューを表示

  • YUK

    本書は、「微積が何に役立つのか」段階を追って分かりやすく説明してくれています。教科書に入る前に微積を学ぶ意義を理解していれば、つまずくことなく意欲的に学べるはずです。教科書に入る前に本書を一読すると良いと思います。 続きを読む

すべてのレビューを読む