発売日 2018年01月20日(土)

新しい!お金の増やし方の教科書
銀行も証券会社もFPも教えてくれない

著者名:篠田 尚子(著者)

¥1,400(税別)

ISBN:
978-4-7973-9541-9
サイズ:
四六/1色
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・篠田 尚子

篠田 尚子(しのだ しょうこ)
楽天証券経済研究所 ファンドアナリスト。
慶應義塾大学法学部卒。早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。
国内の銀行において投資信託や個人年金保険、仕組み預金など、個人向け資産運用のアドバイス業務に携わった後、2006年ロイター・ジャパン(現トムソン・ロイター・マーケッツ)入社。傘下の企業で、投資信託評価機関として世界最高峰に位置づけられているリッパーにおいて、世界中の機関投資家へ向けて日本の投資信託市場調査および評価分析レポートの配信業務に従事。同時に、香港やシンガポールなど世界各国で開催される資産運用業界の国際カンファレンスで日本の投資信託市場にまつわる講演も数多く行う。2013年にロイターを退職し、楽天証券経済研究所に入所。日本の投資信託市場動向を海外の機関投資家へ配信しながら、アジア各国の投資信託市場の分析も手がけている。また、新聞や雑誌などで一投資信託に関する記事執筆をしたり、資産形成セミナーの講師を務めたりするなど、投資信託の普及活動にも積極的に取り組んでいる。
現在、資産運用業界内では、ファンドアナリストとして、その情報量の多さと高い分析力から日本国内で右に出る者がいないという評価を得ている。著書に『本当にお金が増える投資信託は、この10本です。』(小社刊)がある。

  • 実践的セミナーがたった1,500円で読める

    5.0
    Tak johnson

    NISAやiDeCoなどの制度を上手く使って「お金を増やす」ことを提案しているため、紹介されている商品は投資信託が中心。ただ、この手の他の本にはあまり紹介されていないような銘柄も載っていたのは面白かった。(特に最終章)NISA、つみたてNISA、iDeCoで持つのに良いファンドが載っていて、これは実践してみようと思う。全体的にネット証券を使っている人は特に参考になると思う。銀行をメインで使っている人、株をメインでやっている人には物足りないかも。

  • 5.0
    Blue

    この手の参考書はたくさん出版されておりますが、だいたい記載してあることはイデコを作りましょう。nisaを作りましょう。特定口座を作りましょうといった内容が大半です。今の時代、必要な手段だと思いますので、こちらの本に限らず、様々な参考書やネットなどで情報を比べ、ご自身で判断する力をつけることが重要だと考えます。

  • 導入編として分かりやすくていいのでは?

    3.0
    正直者

すべての8レビューを表示

  • さぜん

    老後は2000万必要というニュースに反応して手に取る。結婚してから24年間家計簿をつけ折々家計の見直しをしてきてはいるが、貯蓄に関してはまだまだ知識が薄い。銀行口座に置きっ放しを何とかしたいと投資信託始めたが何を選んでいいのか悩む。シンプルな基準を示してくれるので参考にしたい。 続きを読む

  • てんちゃん

    イデコは節税に関して優れてるんだろうなって解釈 私は積立ニーサとか投資信託のほうを詳しく知りたい! 入門書としてオススメです!わかりやすくて一日でさらっと読みました!本で情報収集するのは限界があるのかな?浅く広くしか書いていなくてインベスターてんちゃんへの道が遠いいです(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`) 続きを読む

  • 晴れ女のMoeco

    いくら「組織とは関係ありません」と前置きしていても、やはり証券会社側の人が書いた本だな、つまりはグイグイ系だな、という印象。特に、つみたてNISAより、iDeCoをやたら押すのは、扱う投資信託の幅が広いとか、長期的に投資信託を保有できるから、なのかなぁ?と。iDeCoに迷うのは、受け取り時に元本含め課税対象にされるからなんだよな...有利な受け取り方はとても参考になった。 個人投資家の本しかよんでいなかったので、それも含めてよかった。 続きを読む

すべてのレビューを読む