発売日 2018年05月15日(火)

天才王子の赤字国家再生術~そうだ、売国しよう~

著者名:鳥羽 徹(著者) ファルまろ(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-9703-1
サイズ:
文庫
ページ数:
248
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・鳥羽 徹

イラスト・ファルまろ

第1回GA文庫大賞にて『オルキヌス 稲朽深弦の調停生活』で奨励賞を受賞しデビュー。
代表作:GA文庫『幻葬神話のドレッドノート』など

Twitter

  • むっきゅー

    売国というと卑怯なイメージがあるが、本作はどちらかというと「M&A」、起業家が高値で会社を売却するイメージですね。北の貧乏国・ナトラ、国王の急病で全権を任された摂政のウェインが主人公。政戦両略の天才だが、国を高値で売却し悠々自適の生涯を送るのが夢の16歳。腹心で幼馴染の少女ニニムとともに、売国に向けて策略を巡らせる。しかし、結果はどんどん逆方向に進み、戦争すれば連戦連勝、臣下の絶大な支持を集め、国民や敵国の民にまで名君と慕われる始末。なんで、こーなった?!ニニムとの会話やウェインの心の声が傑作!(笑) 続きを読む

  • よっち

    病床の国王に代わり摂政として弱小国家を背負うことになった若き王子ウェイン。文武に秀で臣下からの信頼も厚い彼が、絶望的な状況から密かに売国を志す弱小国家運営譚。状況を正しく認識して先を見通せるからこそ絶望を感じるウェイン。上手く終わらせるための手を打つのに、それがなぜか効果的な一手に繋がる皮肉な状況の変化や展開の連続でしたけど、ウェインが彼なりに最善へ真摯に取り組んだ結果だからこそ納得感がありました。補佐官のニニムに対する想いも気になる彼にいつか心境の変化はあるのか、どこまでやれるのか続巻が楽しみですね。 続きを読む

  • ももつぼ

    若き天才王子が弱小国家を背負うことになるお話。国家運営モノ、というジャンルらしい(実は初めて聞きましたw)。ウェインの思惑とは少し外れて、それでも周りから見たら良い方向に物事が進んでいっているのが面白かったです!それにしてもウェイン、頭が切れる切れる。予想外に上手くいく感じが読んでいて気持ち良かったです。補佐官の二ニムも良いポジションにいて、なおかつ可愛い。自分じゃ手に取らないような本でしたが、ファルまろさんのイラストと読み友さんの感想に惹かれて読んでみたら、大正解!予想以上に面白くて大満足でした^^ 続きを読む

すべてのレビューを読む