発売日 2018年08月17日(金)

[Si新書]地形図を読む技術 新装版
すべての国土を正確に描いた基本図を活用する極意

著者名:山岡光治(著者)

¥1,200(税別)

ISBN:
978-4-7973-9884-7
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
288
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・山岡光治

1945年、横須賀市生まれ。1963年、北海道立美唄工業高等学校を卒業し、国土地理院に技官として入所。札幌、東京、つくば、富山、名古屋などの勤務を経て、中部地方測量部長を務めたのち、2001年に退職。同年、地図会社の株式会社ゼンリンに勤務。2005年に同社を退社し、「オフィス地図豆」を開業、店主となる。おもな著書に『地図の科学』(サイエンス・アイ新書)、『地図を楽しもう』(岩波書店)、『地図に訊け!』(筑摩書房)などがある。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

地形図を読む技術新装版"]
  • Koning

    地図の専門家による地図の見方。等高線は語ると大きく書いてある通り等高線の見方について実例を挙げつつ教えてくれる良書。実際1:1,500とかでも山奥の地形図って大事なんだけれどあてにならんという恐ろしい罠があるので色々と本書で語られる大事なことにものすごく実感を持っちゃったりしてますよ(汗 続きを読む

  • 月をみるもの

    2013年版では "おおげさに表現すれば、電子国土基本図で公開されている地図は、従来の紙地図と比べると「地図もどき」の状態であって同列では考えられない" と仰っていたのだが、今年出た新装版では "電子国土WEBのことは、本書では紹介程度ですが、デジタル地図のベースとなった紙地図で得られる知識をもとに、デジタル地図を使いこなす楽しさも知ってもらえることを願っています" と、だいぶマイルドな表現になっている (^^:) 続きを読む

  • 金監禾重

    地図の本は何冊か読んだが、ほかの地図好き、地理好きとは一味違う。国土地理院の紙地図に対して、好きを通り越して強いこだわりを持っている。地理院地図は限られたスペースに標高を含む多数の情報を盛り込んだ素晴らしいものだが、もちろん欠点もある。逆に民間地図は一般利用者の需要に特化して細かい等高線や基準点などが無い代わりに、店舗や観光の情報があるのが利点だ。著者はそれを「おせっかい情報」と表現する。おもしろい地図観である。もちろん肝心の「読み方」は詳しくわかりやすい。 続きを読む

すべてのレビューを読む