SBクリエイティブ

[Si新書]地図の科学

山岡光治:著者

なぜ昔の人は地球が楕円だとわかった?航空写真だけで地図をつくれないワケは!?

「地図」を見たことがない人はおそらくいないでしょう。でも、地図をつくるときに数学や物理が欠かせないことをご存じでしょうか? 本書では地図のキホンから、さまざまな地図の解説、地図の読み方、地図をつくるための技術まで解説していきます。

■第1章 人はなぜ地図をつくる?
1.1 地図とはどのようなものか?
1.2 人はなぜ地図をつくる?
1.3 最古の世界図はどこにある?
1.4 地球は円盤状か? 球体状か?
1.5 やっぱり地球は球体だ!

■第2章 人は、なぜ道に迷うのか?
2.1 「頭脳の地図」と「はじめてのお使い」
2.2 人は、地図があっても道に迷う?
2.3 人は、なぜ地図を必要とするか?
2.4 正しい地図の歩き方 1
1)どのような地図があるのか
2)地図の外側も読む
Column ** 鳥瞰図と蛙瞰図 **
3)近代地図作りのこれまで
Column ** 伊能忠敬の測量法or測量機器 **

■第3章 地図から現在を読み、過去を読む
3.1 なぜ「地図を読む」というのだろうか?
3.2 地図からなにを、どう読むのか
3.3 地図からなにが読めないか、ウソはないのか
3.4 平面の地図から立体を読む
1)平面のなかに立体を読む
2)等高線から立体を読む
3.5 等高線が読めるとなにがわかるか

■第4章 地図は、どうやってつくられているか?
4.1 地球の大きさと形を知る
1)地球の大きさを知る
・緯度を知る
・経度を知る
2)地球の形を知る
3)星を眺めて、経緯度原点をつくる
4)海を眺めて、水準原点をつくる
5)角を測って日本中に三角点の網をつくる
・三角測量から、三辺測量へ
・横から縦へ、GPS測量
6)高さを測って日本中に水準点の網をつくる
7)海の向こうへどうつなげたか?
4.2 地図作成の実態
1)地球(球体)から地図(平面)へ
・おもな投影法
2)平面の地図に、ひずみはないのか?
・投影法と特徴、そして使い方
3)平板測量と、写真測量による、これまでの地図つくり
・空中写真撮影
・図化と編集
4)現在とこれからの地図作り
5)どこまでも続く地図の更新
・地図はどう使われているか?
6)実際に地図を作成してみよう

■著者:山岡光治
1945年、横須賀市生まれ。1963年、国土地理院に技官として入所。札幌、つくば、富山、名古屋などの勤務を経て、2001年、同院退職。同年、地図会社のゼンリンに勤務。2005年、地図測量を楽しくやさしく紹介するための「オフィス地図豆」を開業。日本各地の地図愛好家、天文史研究家と交流。執筆や講演会、市民講座などでの地図作成実演などを通じて、地図測量への理解を深める活動をしている。『地図に訊け!』(ちくま新書)、『地図を楽しもう』(岩波ジュニア新書)などを執筆。2009年10月には「タモリ倶楽部」にも出演。

定価:1,048円(本体952円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2010年10月16日(土)
  • ISBN:978-4-7973-5873-5
  • サイズ:新書/フルカラー
  • ページ数:240
  • 付録:-
①昔の全世界のイメージ

7世紀ごろのインド人が考えていた世界は、大きな亀の上に乗った小さな象が、おわん状になった世界を支えていた

②十字桿とその測量方法

十字桿は、長い物差しと、直角につけられた短い物差しからなる。長い物差しを水平線に向け、短い物差しを前後に動かして測定対象の太陽などの目標に合わせて、高度を測るしくみ。観測された太陽高度と「太陽赤緯表」(太陽が真南にある、南中時の太陽高度を表にしたもの)を照合すれば、正確な緯度がわかる

③条里制

条里制は、奈良時代に行われた土地区画整理といったもの。1町(約109m)×1町からなる「坪」をベースに整然と区画された。当時のようすは、現在でも地形図から比較的容易にわかる

④検地のイメージ

検地役人、百姓代表などの立ち会いのもとで、田畑に「間縄」と呼ばれる物差しが、十字(縦と横)に張られて、土地1枚ごとに面積が測量された

⑤不整形な形の土地の面積の求め方

不整形な土地は四角形に見立てて、十字を測って面積とした

⑥「量盤」を使用した距離の測り方

1. Aで、量盤の角(縦)を使用して、目標とする樹木方向を見とおす
2. 量盤のもう一方(横)を見通した先の、一定間隔の地点にBを決める
3. AとBの間の距離を測り、距離を縮尺倍して、量盤に点bを記す
4. Bに移動して、量盤の横方向をAに向ける
5. その状態で量盤に書かれた点bから、目標とする樹木方向を見通して定規などで線を引くと、量盤に三角形の形ができる。三角形の頂点までの長さを縮尺倍すると樹木までの距離がわかる

⑦まわり(廻り)検地のイメージ

まわり検地は、ひと回りした形の道線法。目標方向の方位を磁針によって、距離を間縄などで測定し、これを次々と繰り返しては、結果を「野帳」に記録し、野帳の内容を図に表現して、土地全体の形状を把握する

⑧間縄と鉄鎖

距離の測定には、その一歩が約69cmであったという忠敬の「歩測」も用いたが、正確に測量するため「間縄」や「鉄鎖」が多く使用された

⑨道線法の誤差を減らす

道線法を大きな輪のようにして誤差を減らした

著者紹介

著者・山岡光治

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る