発売日 2019年05月18日(土)

グーグルが消える日
Life after Google

著者名:ジョージ・ギルダー(著者) 武田玲子(訳) 日本ブロックチェーン協会(監修)

¥1,800(税別)

ISBN:
978-4-7973-9903-5
サイズ:
A5
ページ数:
424
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・ジョージ・ギルダー

訳・武田玲子

監修・日本ブロックチェーン協会

米国の経済学者、未来学者。1939年ニューヨーク州生まれ。ハーバード大学卒業後、リチャード・ニクソン、ロナルド・レーガン、ネルソン・ロックフェラーなどのスピーチライターを経て、サプライサイド(供給重視)経済学の研究者へ転身。さらに、転身後の1981年に刊行した著書『Wealth and Poverty』(『富と貧困』、斎藤精一郎訳、NHK出版)がベストセラーに。2000年刊行の著書『Telecosm』(『テレコズム』、葛西重夫著、ソフトバンククリエイティブ)では、「通信網の帯域幅は6ヶ月で2倍に広がる」というギルダーの法則を提唱した。研究活動の一方で、投資家、ジャーナリスト、技術評論家、作家としても活動。『Wealth and Poverty』がレーガノミクス(アメリカ大統領時代のレーガンの経済政策)、IT産業関連の研究がアル・ゴアの政策(副大統領を務めたビル・クリントン大統領時代の「情報スーパーハイウェイ構想」など)に大きな影響を与えたとされる。

サポート情報

この商品に関してのお問い合わせは、右上の「お問い合わせ」ボタンからお願いいたします。
※ご意見、ご感想は、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • かなた

    思ってたよりちょい難しめの本でした〜 続きを読む

  • Moca Cameron

    Googleの検索サイトエンジンによって、セキュリティーデーターがとうとう、限界に近づいて来たのである。 セキュリティーに関しては、無料タダで簡単にサイトに飛ぶことは出来たが、これ以上の検索エンジンのデーターセキュリティーが限界に近づいてきたので、情報収集データーのセキュリティーシステムを有料化になってしまう恐れがあるのだ。 今までのセキュリティーを有料となったとすればどうすれば良いのか。 続きを読む

  • Moca Cameron

    近年、ハッカーに狙いやすくなってしまい、データーが悪化していってしまったのだ。 そのため、ハッカーを防ぐためにセキュリティーを強化をし、民間の個人情報を守るためにデーター制限化になったのである。 続きを読む

すべてのレビューを読む