発売日 2019年09月19日(木)

資本主義ハック
新しい経済の力を生き方に取り入れる30の視点

著者名:冨田和成(著者)

¥1,500(税別)

ISBN:
978-4-8156-0185-0
サイズ:
46判
ページ数:
272
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・冨田和成

株式会社ZUU代表取締役。神奈川県出身。一橋大学在学中にIT分野で起業。2006年大学卒業後、野村證券株式会社に入社。本社の富裕層向けプライベートバンキング業務、ASEAN地域の経営戦略担当等に従事。2013年3月に野村證券を退職。同年4月に株式会社ZUUを設立し代表取締役に就任。金融経済メディア「ZUU online」を含む資産運用の総合プラットフォーム運営、月間訪問者数は650万人を超える。金融機関や不動産業界のフィンテック化の推進支援や企業に対して鬼速PDCAシステムを導入する鬼速PDCAエンジニアリング事業を展開。監査法人トーマツ主催「日本テクノロジー Fast50」にて2年連続上位受賞(2016年度日本1位・アジア太平洋地域8位、2017年度日本3位)。2018年6月、設立約5年で東京証券取引所マザーズ市場に上場。著書に『大富豪が実践しているお金の哲学』『鬼速PDCA』『営業 野村證券伝説の営業マンの「仮説思考」とノウハウのすべて』(クロスメディア・パブリッシング)、『プライベートバンクは、富裕層に何を教えているのか?』(ダイヤモンド社)、最新刊『稼ぐ人が実践しているお金のPDCA』(KADOKAWA)等。

Twitter

  • 着想は、よいのだが…

    2.0
    Amazonカスタマー

    経済を人生に取り入れるというアイデアがおもしろいと思って読んでみた。ふむふむ。アービトラージなど、古くもなく新しくもない概念を元にいろいろと戦略のようなことが書いてある。役に立ちそうな気がする。しかし、なぜだろう。強く実行しなきゃいけない気持ちになれない。恐らく、RPGゲームのように自分を生きていこうとするあたりが、どうも引っ掛かる。思いつきが先行していて、言葉の重みや考えの裏側がついてこないのだ。比較的若い私でさえそうなのだから、30歳以上の人たちに「ハックする」という部分は伝わりにくいだろう。表紙の軽さと中身の重さが釣り合っていないのも気になった。もっと情報量を減らし、サクサク読めるようにすべきでは?はじめにと序章まで読み終えて第1章が60ページから始まるのには笑った。やっと始まるのかよ!おせーよwwwww

  • 5.0
    Capital01

    リスクの最小化と最大化にもアービトラージとハック、事業にも、金融や不動産投資にも、人的資本投資、つまりスキルやキャリアにも…、どれに対しても応用可能なので、本質的で即効性がある分、それなりの心構えが必要になると思います。ただし、その心構えは、読み進めていくうちに内から湧いてくるようになる不思議な感覚を得ました。資本主義がハックできると自信がみなぎっていくことが出来る本、それこそが著者の最も深いハックなのでしょうか。

  • 平等な時間で最大のパフォーマンスを発揮する数々の斬新な視点

    5.0
    たらちゃん

    あなたが日常で常に不自由さを感じているとしたら、本書で具体的で実践的なノウハウを学ぶことができる。自分の人生は自分で選ぶという思考読み終えた頃には納得感を持って次の一歩に踏み出す人が増えているでしょう。

すべての8レビューを表示

  • ゆい

    おもしろかった。巻末付録、かなり有用。 続きを読む

  • TaiCo

    評価は実態ではなく期待に対して付く。実績という実態は次の期待を大きくするための手段でしかない。このような雪だるま式の資本主義のルールにおいては、魔法(初期の期待)が溶けるまでに実績を作ることを繰り返さなくてはならない。 そして実績を出すために必要なのは漠然と考えるのではなく、目の前の対象を因数分解してアービトラージ(歪み)を見つけること。因数分解の因子が多い程改善できる点が増やせるというのは新しい支店だった。 競争というよりもゲーム(ルールは資本主義)として考えれば人生をもっと面白く生きていけそう。 続きを読む

  • P_ckles

    有限な時間を何に配分するか今一度考え直したいと思った。また、売ったときの値段までを考慮して物を買う発想は自分になかったので、取り入れていきたい。 続きを読む

すべてのレビューを読む