発売日 2019年06月06日(木)

がん外科医の本音

著者名:中山祐次郎(著者)

¥850(税別)

ISBN:
978-4-8156-0247-5
サイズ:
新書
ページ数:
256
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・中山祐次郎

中山/祐次郎
1980年生。聖光学院高等学校を卒業後2浪を経て、鹿児島大学医学部卒。都立駒込病院で研修後、同院大腸外科医師(非常勤)として10年勤務。2017年2月~3月に福島県高野病院院長を務め、その後、福島県郡山市の総合南東北病院外科医長として勤務。資格は消化器外科専門医、内視鏡外科技術認定医(大腸)、外科専門医、感染管理医師、マンモグラフィー読影認定医、がん治療認定医、医師臨床研修指導医。大腸がんの専門医として手術には2000件以上に参加、執刀だけでなく抗がん剤治療や緩和ケアなどにもあたる。Yahoo!ニュース個人連載では2015年12月、2016年8月に月間Most Valuable Article賞を受賞。「医者の本音」は10万部を超えるベストセラーとなり、「泣くな研修医」(幻冬舎)で小説家としてもデビュー。活躍の場を広げている。

Twitter

  • バニラ @

    現役医師が決して口にしない真実。 がんに関する疑問に詳しく親切に書かれた本でした。心からスッキリして安心しました。 読んで良かった。 続きを読む

  • あかは

    これはがんになる前に、または、近しい人ががんになる前に読んだ方がいいんじゃないかなー。確かに本音なんだろうなぁ、とは思いますが、なってしまってからでは個別性があるため、こうすればいいということが書いてあるわけではないかな?あ、でも、トンデモ本とか健康番組とかのところはやっぱりな……と思った。でも、読んで損はないし、読みごたえがあります。興味のある人にはオススメです。 続きを読む

  • ochatomo

    現役の消化器外科専門医が公平を伍して語る ガイドラインに沿った標準治療が最上級のもの エビデンスレベルではどれほど偉くても個人の意見は最低ランク https://ganjoho.jp/med_pro/med_info/guideline/guideline.html 著者のメッセージは『がんになっても、すべてが終わりではない。がんになったのは、あなたのせいではない。』 2019刊 続きを読む

すべてのレビューを読む