発売日 2019年06月06日(木)

がん外科医の本音

著者名:中山祐次郎(著者)

¥850(税別)

ISBN:
978-4-8156-0247-5
サイズ:
新書
ページ数:
256
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・中山祐次郎

中山/祐次郎
1980年生。聖光学院高等学校を卒業後2浪を経て、鹿児島大学医学部卒。都立駒込病院で研修後、同院大腸外科医師(非常勤)として10年勤務。2017年2月~3月に福島県高野病院院長を務め、その後、福島県郡山市の総合南東北病院外科医長として勤務。資格は消化器外科専門医、内視鏡外科技術認定医(大腸)、外科専門医、感染管理医師、マンモグラフィー読影認定医、がん治療認定医、医師臨床研修指導医。大腸がんの専門医として手術には2000件以上に参加、執刀だけでなく抗がん剤治療や緩和ケアなどにもあたる。Yahoo!ニュース個人連載では2015年12月、2016年8月に月間Most Valuable Article賞を受賞。「医者の本音」は10万部を超えるベストセラーとなり、「泣くな研修医」(幻冬舎)で小説家としてもデビュー。活躍の場を広げている。

Twitter

  • 標準医療こそが最良の選択。がんと関わる全ての方に読んでほしい。

    5.0
    本の虫

    2年あまり前に急性リンパ性白血病にかかり、骨髄移植をして生き延びた者です。ちまたに溢れる「トンデモ」情報を見聞きするたびに憤懣やるかたない気持ちになってきましたが、ようやく「だったらこれを読め!」と切り札にできる本と巡り会えて溜飲が下がりました。標準医療こそがベストな選択であるということを、よくぞここまで患者の気持ちに寄り添って書いてくださったと、感謝の気持ちでいっぱいです。自分自身が告知されたときは頭が真っ白になりましたし、治療は決して楽なものではありませんでした。必ず助かるという保証もなく、今後の生存率もまだまだこれからです。でも、家族の中で罹患したのが自分で良かったという気持ちは事実です。こんな苦しみを大切な家族に味わわせたくない、もし自分が付き添う立場だったら、精神的につぶれていたと思います。本書はそのような「第二の患者さん」についても触れられています。がんにかかった方だけでなく、ご家族の方にもぜひ読んでいただきたいと切に願います。お見舞いについても、痛快でした。

  • 5.0
    スカラベ

    時間の無駄。医師は日頃どのような価値観で仕事に取り組んでいるのか、患者とどう向き合い、病状を軽くしようとするのかなど、医師の日常をよく知らぬ、患者サイドを読者と想定しているがハッキリ言って、読んでもこの個人の考え方を知ることができるだけで専門医として他の医師にない、科学的に独特の発見や考えを全く持っていない人物が書いた駄文。最初と最後だけよみ、中身を読む価値はほぼないと判断した。よって、途中かいつまんでみたが、やはりコレと言った深い中身はまったくないただのエッセーである。自らを「作家」でもある、などと豪語するが、聞いて呆れる

  • 読むだけ

    1.0
    Amazon Customer

すべての17レビューを表示

  • バニラ @

    現役医師が決して口にしない真実。 がんに関する疑問に詳しく親切に書かれた本でした。心からスッキリして安心しました。 読んで良かった。 続きを読む

  • ochatomo

    現役の消化器外科専門医が公平を伍して語る ガイドラインに沿った標準治療が最上級のもの エビデンスレベルではどれほど偉くても個人の意見は最低ランク https://ganjoho.jp/med_pro/med_info/guideline/guideline.html 著者のメッセージは『がんになっても、すべてが終わりではない。がんになったのは、あなたのせいではない。』 2019刊 続きを読む

  • あんこ

    「がんにかかったことは、あなたのせいではない。誰のせいでもない。」この言葉にグッときてしまった。ホントは主治医の先生とここまで話せたらいいんだろうなあ。病院の選び方、告知されたら、セカンドオピニオンはどうすべきか、はたまたお見舞いでやってはいけないことなど有用なアドバイスが盛りだくさん。この本はまさしく帯にある「家族が告知されたら真っ先に読む本」。 続きを読む

すべてのレビューを読む