発売日 2019年08月22日(木)

世界のエリートが教養として身につける「哲学用語」事典

著者名:小川仁志(著者)

¥1,400(税別)

ISBN:
978-4-8156-0262-8
サイズ:
A5判
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・小川仁志

著者略歴:1970年、京都府生まれ。哲学者・山口大学国際総合科学部教授。京都大学法学部卒、名古屋市立大学大学院博士後期課程修了。博士(人間文化)。徳山工業高等専門学校准教授、米プリンストン大学客員研究員等を経て現職。大学で新しいグローバル教育を牽引する傍ら、商店街で「哲学カフェ」を主宰するなど、市民のための哲学を実践している。専門は公共哲学。著書も多く、海外での翻訳出版も含めると100冊以上。ベストセラーに『超訳「哲学」用語事典』『7日間で突然頭がよくなる本』などがある。『現代用語の基礎知識』にて「哲学」を担当。また、テレビやメディアでも活躍しており、4月からシーズン2が始まったEテレ『世界の哲学者に人生相談』にて、髙田純次とともに司会を務めている。

Twitter

  • タナカ電子出版

    この本は哲学用語を解りやすく2ページ構成で説明しきった✨本です☺️4パート構成で①考えるツール30 ②世界を知るためのツール20 ③未来を読むためのツール30 ④人を動かすためのツール20❕と、どこからでも読めて、資料的要素と辞書的要素と雑学的興味要素の3つの点でおすすめです🍀そして何より驚いたのは黒と黄色の蛍光色✴️による2色刷り📖眼がチカチカしてしまう、刺激的な演出出版😫‼️なかなか斬新です🎵 続きを読む

すべてのレビューを読む