発売日 2020年01月22日(水)

言語化力
言葉にできれば人生は変わる

著者名:三浦崇宏(著者)

¥1,500(税別)

ISBN:
978-4-8156-0273-4
サイズ:
46判
ページ数:
288
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

書籍関連ニュース

著者紹介

著者・三浦崇宏

The Breakthrough Company GO 代表取締役、PR/CreativeDirector 博報堂・TBWA\HAKUHODOを経て2017年独立 『表現を作るのではなく、現象を創るのが仕事』が信条。 日本PR大賞・CampaignASIA Young Achiever of the Year・ADfest・フジサンケイグループ広告大賞・グッドデザイン賞・カンヌライオンズクリエイティビティフェスティバル ゴールド他受賞。ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS イノベーション部門グランプリ/総務大臣賞 受賞。広告やPRの領域を超えて、クリエイティブで企業や社会のあらゆる変革と挑戦を支援する。

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

  • よっち

    自分の価値を明確にし、願いを叶え、成長させる武器となる言葉。誰もが自由に発言できる時代だからこそ、自分の言葉で話せるかどうか、自分のことが持てるかどうか、その言葉で他者を動かせるかどうか。言葉が問題を解決する手段であり、戦わずに勝つための道具であると考える著者の言葉にする方法は具体的で、つまるところ相手にきちんと向き合ってもらうため、理解してもらうためにどうすべきか、よくよく考えられているのが分かりますね。何度か挫折しかけながらも立ち上がってきた信念が感じられる著者さんのメッセージはなかなか印象的でした。 続きを読む

  • kubottar

    どんなに素晴らしい商品を作ったとしても、それを伝える力がなければ売れない。ストーリーが大事なんですよね。 続きを読む

  • Shohei Ito

    誰でも使うことができる「言葉」。ただ、それを上手く使えているかどうかにはかなりの幅があります。自分の感情や意見をどう言葉にすればいいかを教えてくれるスキルとしての「言葉」の本。 具体的な手法についても書かれているのですが、僕は三浦さんの言葉に対する姿勢の方が印象的でした。言葉の価値を分かっているからこそ、そこに可能性を見いだせるし、その一方で怖さを知っているから慎重になれる。その2つを両立させて言葉を紡いでいるということを見習いたいと思いました。 続きを読む

すべてのレビューを読む

メディア掲載情報