発売日 2019年09月07日(土)

Excelで学ぶデータ分析本格入門

著者名:日花 弘子(著者)

¥2,680(税別)

ISBN:
978-4-8156-0285-7
サイズ:
B5変
ページ数:
370
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・日花 弘子

サポート情報

2019.09.11ダウンロード

Excelで学ぶデータ分析本格入門

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

  • ここまで使えたら良いなぁ

    5.0
    Visible

    ここまで使いこなせると 日本企業型の稟議を通すには説得力も増すしいいなぁ〜と自分でも出来るようになろうと思える構成。ただし、グラフで見える化して、だから未来予測はこうなると自信を持って言う人ほど、外れたときに逃げるので、そう言う人間にならないような使い方ができたらなと思います。(現在、ある程度より高度には使えています)

  • 3.0
    ☆☆☆がふつう。

    【 Excelの難易度 】関数とマクロとピボットテーブルが使える人ならできます。わからない人はネットで調べながらやればできます。【 対象はどんな人 】例えば小売業の場合、POSレジが入っていればメーカーは売上管理システムを必ず提案するので、このようなものは必ずセットされている。活用しているしていないは使い手の意識次第。市販の販売管理アプリケーションにもこのような分析ツールは入っているというか、そういう事をするためのものだ。本書で、明確でないのが元データをどうやって引っ張ってくるのか。ABC分析などの項目もあるが、販売商品のABC分析を本気でやろうとするなら単品管理が必要。POSか仕入れと出荷から単品ごとのデータを移行する必要がある。一方、解説の一部に「店舗からのデータの半角/全角の読み替え」みたいなトピックもあり データベースの元は手打ちか?とも読める。【 対象はこんな人かな 】あえてExcelでこういったことをやる必要がある人はどんな人なのだろう。と考えた。そこそこの会社のサラリーマンをやっていた人が沈みかけの家業の跡を継ぐ。というようなケースではないか?継いだものの実態がわからない。問題点を見るには数値化・可視化が必要だがシステムが入っていない。仕方が無いので、残っているせいぜい二年程度の帳票類をかき集めて手打ちでExcelを組んで問題を抽出。戦略を固めて、旧態依然の家業を立て直す。みたいな感じかなと思う。ちゃんとした管理システムを入れる前に、まずは概要把握を安上がりにやってみようというテキストだと思います。データを手打ちすることは意外に有効で、セルに数字を入れているだけで問題点や疑問が湧いてくることはよくあります。ひとりで使うならともかく、従業員がいてその人にも使わせようというのはやめた方が良いと思います。取説も無く、疑問点は作った人に聞いてくるので本業以外の仕事が増えるだけです。

  • データは嘘をつかない

    5.0
    gdgd

    販売系なので用途は限られる書籍ではあるが様々な分野への応用ができるものだ。自分はどちらかというと現業系だが、データ分析に関しては現業の方が案外一日の長があったりする。非現業が行ったデータ分析を見るとたまに辟易することがある。解析法自体を間違っていたりひどい場合には計算式自体を間違えてとんでもない数字を平気で出してくることもある。式自体の間違いはまあ仕方ないとしても、なぜこういうことになるかというと、「何のために」データ分析を行うかという目的自体を全く理解しないままでデータ分析を行おうとしているからだ。本書においては既に目的論は通り越して実践的な内容となっているが、各内容ともに目的と分析結果の読み方についてもよく解説されている。そのため「自分がこれを出したい」というときには字引的にも使える書籍だ。データ分析は自身の正当性を主張する上での強力な武器となるが、相手の理解力も大きな障害となることも多い。逆にこちらが詳細な分析を行った上で正当性を主張すると相手が何も言えずに従ってくれるということもあるため、こういったデータ分析についてはしっかりと行えるにこしたことはない。

すべての18レビューを表示