発売日 2019年09月11日(水)

僕たちは、地味な起業で食っていく。

著者名:田中祐一(著者)

¥1,400(税別)

ISBN:
978-4-8156-0305-2
サイズ:
46判
ページ数:
240
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・田中祐一

株式会社ザ・リード 代表取締役/会社員のための地味な起業プロデューサー 1986年1月23日生まれ。新潟県出身、芝浦工業大学卒業。 大学卒業後は株式会社NTTデータに就職。仕事をしていく中で「この会社だけで通用するスキルで一生働いていくのか?」と葛藤。起業している先輩に「5年働けばどれだけ優秀な学生も並の会社員になってしまう」と言われたことをきっかけに起業を決意し退職。 コンサルタントを名乗り活動するが、気が弱いことや、自分にカリスマ性がないことから全く稼げない日々が続いた。結果、起業資金800万円をわずか6カ月で借金100万円にしてしまい自信喪失。 「自分ブランドを作らなければ」「すごい人にならなければ」「すごいアイデアを用意しなければ」と考えていたが、“地味な起業法”と出会い人生が逆転。自分を主役にするのではなく、他人を主役にして応援することで感謝の報酬とやりがいを頂けるようになる。結果、3万円、10万円と少しずつ稼げるようになる。 その後、本格的にビジネスを学び、あるクライアントの売上を10倍に。それが話題を呼び、裏方の地味な仕事が殺到。 現在は「地味な起業」を含めた、本格的なWEBマーケティングを教えるビジネススクールを開講。初心者も多く参加する講座にもかかわらず、累計179名の受講生は「30億3238万円」を超える売上アップを成功させている。具体的なノウハウと、講座の「ゆったりとした雰囲気の良さ」が好評。

Twitter

  • 結局最後は派手な起業で結論づいた矛盾

    1.0
    okoponko

    とてもこのような起業で食べていける代物ではありません。ただただ無理矢理地味な起業と位置づけているだけです。期待して買いました本当に残念です。起業の情報とはとても言えない内容です

  • 1.0
    ミリンア橘

    起業コーチをやり出す人は大杉。 特に自分で起業していない口先だけの人は多い。サラリーマン業が合わないからと、一度は起業を志すも、成功できず行きつく先が起業アドバイス。(起業で成功していれば、自分の仕事に忙しくなり、人にアドバイスする暇もないので、 結局、起業アドバイスする人は、どこも自分の起業で成功出来ていない講師のたまり場となってしまう。)講師は箔を付けようと多少努力して中小企業診断士を取る人もいるが、しょせん空論の武装。何も知らない素人には新鮮だろうけど、いざ起業する段階になると、聞いた事は表面的な事ばかりで役に立たず、結局 自分で考える事になる。起業して1千万の収入になっている人もいると言われれば、年間100万の受講料でも払いたくもなるが生徒全員が達成できているわけでも無く、生徒自身の努力が大きい訳で、生徒が300人もいれば、その内誰かが成功し出すものだろうし、初めは凄いとは思ったけれども100万有れば、広告も打てたのにと思う。 一番損が無いのは、講師。生徒から年間1千万だし、口先だけで良いし、失敗は無いし俺も起業講師をしようかなと思えた。 単なる起業サポートが本職で無く、どこかご自身で独自のコンテンツで起業して成功して余暇で起業サポートしている本当の起業家はいないだろうか?

  • 最近流行りの起業コーチ

    1.0
    よく見ると

すべての153レビューを表示

  • シェンゲン🔑🌟縛り越えたら🏃‍♂️✈️マイルか車でヨーロッパ周遊します(指折り数えて眠る)

    想定以上にミニマムなスポットに仕事が有り余っている。あとは何というかビジネスセンスが必須かな 続きを読む

  • らる

    「困っている人を助ける」=仕事 になる。実はそのためには高度なスキルは必要ない。/ある業界では「基本的」「誰でもできる」ことでも、視野を広げれば「出来ずに困っている人」は存在してる。つまり「仕事のタネ」は無数に転がっている。(例えば、エクセル操作、HP・動画・プレゼン作成等)/「何をするか」より「誰とするか」、更に言えば「誰を応援したいか」で、仕事をする。/本当の成長は『誰かを応援する』経験を通じて得られる。 続きを読む

  • miyatatsu

    参考にしたい。 続きを読む

すべてのレビューを読む