SBクリエイティブ

島田秀平が5万人の手相を占ってわかった! 運と不運の正体

島田秀平:著者

「いいことがない」「彼氏・彼女ができない」「毎日がおもしろくない」など、〝運に恵まれない人″がいる一方で、「毎日が楽しい」「友人や恋人、人に恵まれている」「仕事も好調」と〝幸運に恵まれ続ける人″がいる、その決定的な違いは何か? 手相芸人として活躍する島田秀平さんが、これまで5万人の手相を占ってきた中でわかった「運と不運の正体」について明かします。
不運な人と幸運な人の一番大きな違いは「動くか、動かないか」。たったそれだけ。
不運を嘆く人の最大の特徴は、自身は動かずして「いいことがない」と「いいこと待ち」をしていること。一方、幸運に恵まれ続ける人は、いつどんな時でも動き続きけて「いいことを拾い集めに行くこと」。
「運命」とは「命を運ぶこと」。運とは命を運び続けることで好転するものです。
しかし「不運」な人は、命を運ぶことをしない。「不運」とは「運ばず」とも読めます。動かない人、いいこと待ちの人には、幸運はキャッチできないのです。
でも、「動け」と言われても、いったいどう動けばいいの?
「仕事で結果出すには?」「恋人ができるには?」「お金に恵まれるには?」
本書では、日常のほんのちょっとしたことで運が上がる、具体的な「動き方」を多数紹介。
その方法は「毎日一つ、新しいことをする」「靴を新調する」「捨て恋をする」などなど、簡単そうで意外なものばかり。本書を手にした瞬間から、あなたの運は確実にあがります。

はじめに――不運ってなんでしょう? 僕が「不運」はないと思う理由

第1章「不運」とは何か?
―全占い師が心のなかで思っている「不運の正体」

第2章「運」には法則がある
―人生はどこかでバランスをとっている

第3章「不運」のとらえ方、考え方
―成功者、大企業の社長、大物芸能人の「不運」のとらえ方

第4章「陰の時期」はどう行動したらいい?
―動き方、過ごし方で良くなる人と悪くなる人がいる

第5章陰の時期に人生の決断をしてもよいか?
―タイミングを生かすか見送るか、手相でわかる判断のポイント

第6章人が「不運」を感じる意味
―どん底での行動こそ、神様は必ず見てくれている

※目次は変更の可能性があります

定価:990円(本体900円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2022年11月5日(土)
  • ISBN:978-4-8156-1637-3
  • サイズ:新書
  • ページ数:208
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

1977年12月5日生まれ。長野県出身。手相芸人。 2002年、仕事で知り合った「原宿の母」に弟子入り。芸人活動の傍らで手相の修行を積み、2007年に「代々木の甥」を襲名。特異な才能に溢れる芸能人の手相を片っぱしから鑑定し、ユーモアあふれる「島田流手相術」を完成。「エロ線」「ギャンブル線」「不思議ちゃん線」など、誰もがわかりやすいネーミングが話題を呼ぶ。手相占いの他、パワースポット・都市伝説・怪談にも精通しており、現在、テレビ・雑誌等で活躍中。手相占い関連の書籍は、累計100万部を突破!  近年は活躍の場をYouTubeにも広げ、チャンネル登録者数10万人を超える人気チャンネル2つを運営している。 島田秀平のお開運巡り チャンネル登録者数16万1000人 (2022年8月時点) 島田秀平のお怪談巡り チャンネル登録者数48万4000人 (2022年8月時点)

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る