SBクリエイティブ

アメリカの中高生が学んでいる話し方の授業

小林音子:著者

雑談・会話 説明 スピーチ プレゼン 交渉 共感される話し方
100%好印象になり、一瞬で人を動かす話し方。

日本人は控えめな国民性だから、コミュニケーションが苦手。

そう思われる方も多いかもしれません。

しかし、実はアメリカ人がコミュニケーション能力が高いのは、国民性などではなく、教育から違うと言ったら驚くでしょうか。

アメリカでは学生時代から、体系的に「コミュニケーション」を学ぶ授業があるのです。

つまり、コミュニケーション能力とは後天的なものということ。

本書では、アメリカの学生が実際に学んでいるコミュニケーションの授業を一冊にまとめている。

【目次】
プロローグ アメリカでは学生のときから「話し方」を学ぶ
・なぜアメリカ人はコミュニケーションがうまいのか?
・アメリカ人のコミュニケーション力は「国民性」ではなかった!
・100%好印象になり、一瞬で人を動かす話し方
序 章 アメリカの中高生が学んでいる「話し方」のキホン
・アメリカの話し方では、「マインド」を重視する
・「マインド」があるからこそ「スキル」が生きてくる
・アメリカの中高生が学ぶ話し方「3つの柱」
・(1)マインド
・(2)スキル①:言語表現
・(3)スキル②:非言語表現
1章 話し方の「マインド」を整える
・「この人、言葉は丁寧なのに何か感じ悪い…」の正体
・「承認欲求」をコントロ―ルできる者がコミュニケーションを制する
・「自分中心のマインド」を「相手中心のマインド」に変える
2章 マインドを「言葉」で表現する話し方
・「相手の承認欲求」に「言語表現」で応える
・【STEP①】「相手の承認欲求」を把握する方法【言語表現編】:聞く
・【STEP②】「相手の承認欲求」に応える方法【言語表現編】
3章 マインドを「言葉以外」で表現する話し方
・「相手の承認欲求」に「非言語表現」で応える
・【STEP①】「相手の承認欲求」を把握する方法【非言語表現編】:観察
・【STEP②】「相手の承認欲求」に応える方法【非言語表現編】
終章 アメリカの中高生が学んでいる「話し方」 実践編
・アメリカの中高生が学ぶ「雑談・日常会話」のルール
・アメリカの中高生が学ぶ「交渉」のルール
・アメリカの中高生が学ぶ「説明」のルール
・アメリカの中高生が学ぶ「共感を呼ぶ話し方」のルール
・アメリカの中高生が学ぶ「スピーチ・プレゼン」のルール

定価:1,650円(本体1,500円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2024年3月27日(水)
  • ISBN:978-4-8156-2484-2
  • サイズ:46判
  • ページ数:320
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

著者・小林音子

小林音子(こばやし・おとこ)
コミュニケーションコーチ。TEDトークトレーナー、エグゼクティブ・メディアトレーナー。オリオンズベルトグローバル代表。
コミュニケーションにおいて、マインド、言語表現、非言語表現の3つの観点からのアプローチを基盤に「自己理解」を深めながら「伝える技術」を磨くメソッドを確立。アメリカ現地の学生が通うコミュニケーションスクールを何度も視察し、自身のメソッドに取り入れる。TEDスピーカー・教師・講師業・受験生や就職活動生、俳優・タレントなどに幅広く「表現力」のトレーニングを行う。
メディアコーチとしては、政界や経済界などのエグゼクティブや広報担当者に向けて、メディア対応に特化したコミュニケーション技術をコーチング。コミュニケーションコーチとしては、ビジネスパーソン・受験・就職面接・お見合いなどのためにコミュニケーション技術をコーチング。
表現力講師としては「自分らしい自己紹介」「好感度があるアクティブリスニング」「ビジネスパーソンのためのキャラクター作り」「効果的な非言語表現」「質の高いコミュニケーション術」「自分軸を持って自己表現をする方法」など講演活動やビジネストレーニングも実施。

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る