SBクリエイティブ

新版 宇宙に命はあるのか

小野雅裕:著者

生命の起源と未来を求める旅

最前線の宇宙探査が
生命の「謎」に迫る!

※本書は2018年2月に小社より刊行された『宇宙に命はあるのか 人類が旅した一千億分の八』(SB新書)に、最新情報を加筆・改筆・再編集したものです。

4万9000部突破、第6回ブクログ大賞受賞 (「本好きのみんなで決める 本当に面白い本」人文・自然科学部門)の
ベストセラー書籍が、新版として最新情報にアップデートされ刊行!

★サイエンス作家・竹内薫氏が、「没入してしまう魔法の本」と5つ星の大絶賛! ! で超話題!
「数年に一度、気がついたら仕事を忘れて没入してしまう
魔法の本に出会うことがある、これがその一冊だ。」
「面白すぎる。うーん、幸せな読書体験をありがとう! 」

★堀江貴文氏絶賛!!!
「気軽に宇宙の最新情報を知るにはもってこいの1冊だ」

●我々はどこからきたのか?

銀河系には約1000億個もの惑星が存在すると言われています。
そのうち人類が歩いた惑星は地球のただひとつ。
無人探査機が近くを通り過ぎただけのものを含めても、8個しかありません。
人類の宇宙への旅は、まだ始まったばかりなのです――。

本書は、NASAジェット推進研究所で火星探査の技術開発に従事し、人気コミック『宇宙兄弟』の監修協力も務める著者が、人類の謎に挑む、壮大な宇宙の旅の物語です。

私たちはどこからきたのか。
どこへ行くのか――。

第1章 幼年期の終わり
ロケットの父の挫折/フォン・ブラウン 宇宙時代のファウスト/運命は黒塗りのセダンに
乗ってきた/ナチスの欲したロケット/ヒトラーの目に灯った火/悲しきロケット/宇宙を
目指して海を渡る/鎖に繋がれたアメリカン・ドリーム/セルゲイ・コロリョフ ソ連のフ
ァウスト博士/スプートニクは歌う/六十日さえあれば/NASAの誕生、そして月へ

最初のフロンティア

第2章 小さな一歩
嘘だらけの数字/無名の技術者の反抗/究極のエゴ/プログラム・アラーム1202 /アポ
ロ誘導コンピューター/新技術「ソフトウェア」/宇宙飛行士は完璧か?/ The Eagle has
landed /「ジョン、ありがとう」/鳥は翼で空を飛ぶ。人はイマジネーションで月に行く/
20XX年宇宙の旅

異世界の空

第3章 一千億分の八
偉大なる降格/NASAに飾られた一枚の「塗り絵」/
枚のデジタル写真/孤独の発見/ボイジャー 惑星の並びに導かれた運命の旅人/パサデナの海賊/新たなる希望/木星の恋人/土星の月の冷たい雨/技術者の小さな勝利/不知為不知、是知也/海王星は青かった

命の賛歌

第4章 Are we alone?
命とは何か?/最終手段の仮説/レゴ、鏡、重さ 命の証拠、バイオシグネチャー/火星サン
プルリターン/カール・セーガンの夢と、僕の夢/喜びの涙、悔しさの涙/火星旅行の目的地
/火星ローバーの自動運転/「忍耐」という名の夢/ジェゼロ・クレーターの旅/氷惑星の生
命探査/ Journey to the Center of Icy Moons 氷底探検/惑星アサバスカ/我々はどこ
から来たのか?/生物汚染のジレンマ/火星植民に潜むリスク

Pale Blue Dot

第5章 我々はどこへ行くのか?
系外惑星探査の夜明け/ペガスス座
51番星b/千億×千億の世界/百光年彼方の森の息吹/
宇宙の彼方からの来訪者/虚空に放たれたラブ・ソング/恒星間飛行/沈黙/なぜ宇宙人か
らのメッセージは届かないのか?/一九〇六年のクリスマス・キャロル/文明の寿命/
コンタクト 銀河インターネット/情報化時代の恒星間飛行/サピエンスの記憶

定価:1,045円(本体950円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2024年4月28日(日)
  • ISBN:978-4-8156-2518-4
  • サイズ:新書
  • ページ数:328
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

著者・小野雅裕

NASAジェット推進研究所(JPL)所属の惑星ロボット研究者。火星ローバー・パーサヴィアランスの自動運転ソフトウェア開発に携わり、現在は運用チームの一員として火星探査の最前線を支えている。また、土星の氷衛星エンケラドスの地底の海を探査し地球外生命探査をするためのヘビ型ロボット「EELS」の開発をPI(主任研究員)として率いる。1982年大阪生まれ、東京育ち。2005年東京大学工学部航空宇宙工学科を卒業し、同年9月よりマサチューセッツ工科大学(MIT)に留学。2012年に同航空宇宙工学科博士課程および技術政策プログラム修士課程修了。2012年より2013年まで慶應義塾大学理工学部助教。2013年5月よりNASA JPLにて勤務。著書に『宇宙を目指して海を渡る』(2014年、東洋経済新報社)、『宇宙に命はあるのか』(2018年、SBクリエイティブ)、『宇宙の話をしよう』(2021年、SBクリエイティブ)がある。ミーちゃん、ユーちゃんのパパ。阪神ファン。好物はたくあん。

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る