なんか知らないけど、強運が舞いこむすごい習慣
なんか知らないけど、強運が舞いこむすごい習慣

本田 晃一 著
ISBN
978-4-7973-9606-5
サイズ
四六/1色
ページ数
240
価格
1400円+税
出版日
2018/06/20
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


【今ならもらえる! 期間限定Amazon.co.jp購入特典】

2018年6月30日までに本書を予約注文・ご購入された方へ、Amebaブログ [ビジネス部門]ランキング第1位!『世界一ゆる~い幸せの帝王学』が話題沸騰の著者・本田晃一からののスペシャル動画メッセージ、「お金に困っていない人から聞いた「金運」を上げる法」をプレゼント。

■応募要項
「お名前」「メールアドレス」「Amazonの注文確認メールに書かれている注文番号」この3点をご記入のうえ、応募先メールアドレスにお送りください。
そのメールをもって応募受付とさせていただきます。
※必ず、以下の注意事項をご覧になってから、ご応募ください。

■応募先メールアドレス
sbcr_eigyo2@cr.softbank.co.jp

■対象期間
~2018年6月30日(土)23:59まで応募の方が対象となります。
※すでにAmazonでご予約いただいた方もプレゼントの対象者となります。

■プレゼント
特典のデータは、7月上旬から順次、上記メールアドレスよりお送りさせていただきます。

■そのほか注意事項
※携帯電話やスマートホンで受信をされる場合、迷惑メール対策等でドメイン指定受信を設定されていると、メールが正しく届かないことがございます。以下のドメインを受信できるように設定をお願いいたします。
@cr.softbank.co.jp
※商用・非商用、改変の有無にかかわらず、本特典データの再配布はご遠慮ください。
※著作権は制作者が保有しています。
※使用によって発生した事故、損害、トラブルに関しては制作者・著者は一切責任を負いません。
※特典については弊社SBクリエイティブにお問い合わせください。
→お問い合わせはこちら




ベストセラー『はしゃぎながら夢をかなえる世界一簡単な法』待望のシリーズ第二弾!
楽しく、簡単に、超強運体質になれるマインドのルールを伝授する一冊。

あなたは本当はとっても運がいい。

そのことに気づいていないだけだ。
運のいい人、悪い人の「ちょっとした違い」に気づけば、誰でも今すぐ運をよくできる。

「運」。目に見えない不思議な存在であるにもかかわらず、人は「運を使う」とか「運を落とす」とか、はたまた「運を貯める」などと言う。目に見える形で増えたり減ったりするものではないので、正しく使うも貯めるもないように思える。しかし、「正しい使い方や貯め方」には、法則。仕組みがある。

その法則・仕組みは僕(本田さん)が、和平さんら、教えを受けたすごい人たちの思考・行動原則や、そうした人からの教えで学んだ。

ある人から聞いた話では、宝くじの「高額当選者」はみんな、その仕組みを理解しているらしい。

僕自身も実家が借金を抱えたり、モテない時期があったりして、皆さん以上に「運の悪い人」だった。でも、すごい人の教えで、「運のいい人」「悪い人」の違いは、ほんの少しのことでしかないことがわかった。つまり、マインドを「少しだけ変える」だけで、誰でも、強運になれる。

絶対正しい、と言い切れるのは、何より僕自身が皆さんの代わりに試行錯誤した結果であり、僕がたどってきた道筋そのものだから。

そんな僕が「最強運の持ち主たち」から直接学んで実践してわかった、「運の正しい貯め方・使い方」を、こっそり教えよう。


本田晃一(ほんだ・こういち)

1973年1月生まれ。1996年にオーストラリア大陸を自転車で横断したり、バックパッカースタイルで世界を周る。その時、オーストラリアで多くの人がインターネットに触れていることに刺激を受ける。
帰国後、父のゴルフ会員権売買業を手伝う。ゴルフ会員権を購入されるお客様は、経済的だけでなく生き方が豊かな方が多く、たくさんの助言を頂く。お客様のアドバイスをベースに、2年かけてホームページを立ち上げ年商10億円を超える。
富裕層のお客様から、愛されるビジネスの構築だけでなく、家族との幸せな時間を大切にするために、自由なプライベートの時間を確保する秘訣も教わる。
当時はインターネットが普及し始めた2000年だったので、ネットマーケティングのパイオニアと呼ばれ、コンサルや講演依頼が多く来るようになるが、自分の時間を大切にしたく、講演よりも多くの人に届けられるブログや公式ホームページ等を通して情報を配信し始める。
配信する内容は「お客様から愛されながら会社を発展させる」ことだけでなく「忙しい経営者がどうやって自由なプライベートの時間を確保し家族と楽しめるか」という自由なライフスタイルを提唱している。
2007年、日本一の個人投資家・竹田和平氏から後継者としての打診を受け、和平哲学の素晴らしさに感銘を受け、気が付いたら500泊寝食をともにし、多くの帝王学を学ぶ。
夢は多くの旦那(与えられる人)を育てること。















企業情報 個人情報について