発売日 1998年10月25日(日)

あ々詞心 その綴り方

著者名:鈴木 博文(著者)

¥1,800(税別)

ISBN:
4-7973-0664-5
サイズ:
F9728CB7-743E-4D0D-B674-F9F0B790A7AC
ページ数:
288
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・鈴木 博文

Twitter

Unable to load Tweets

  • wang

    日本語のロックが生まれてから執筆当時までの幅広い曲の歌詞に関連して著者が感じたことを綴ったエッセイ。タイトルから歌詞のいかに書くかという技術論や歌詞の分析や曲の生まれた背景などが語られるのかと思いきや、書かれているのは詞心のほう。歌詞は置いてきぼりでメロディであったり作詞家であったり、あるいはそれを聞いていて著者の日常生活であったり。松本隆氏との対談があるがむしろそこに歌詞に対する思いが語られている。リアリティ、その先にある幻想。あくまでもリアルが重要と。著者のリアルな日常が垣間見えるエッセイ。 続きを読む

すべてのレビューを読む