発売日 2006年04月17日(月)

ファインマンの手紙

著者名:リチャード・ファインマン(著者) 渡会圭子(訳) ミッシェル・ファインマン(編集)

¥2,800(税別)

ISBN:
4-7973-2915-7
サイズ:
483249EC-8045-4953-B9C8-FA32EFC8092C
ページ数:
712
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・リチャード・ファインマン

訳・渡会圭子

編集・ミッシェル・ファインマン

我が国で最も有名な物理学者の一人、リチャード・ファインマンの書簡集です。若き研究者の時代から晩年までの手紙が年代順に掲載されているので、もうひとつのファインマン自伝(『ご冗談でしょう、ファインマンさん』)として読むこともできます。手紙の相手は、両親や妻、熱心なファンや学生、世界的な科学者(ジェームズ・ワトソン、フランシス・クリック、スティーヴン・ウルフラム)など、多岐にわたっています。 若くしてなくなった妻アーリーンとのやりとりは優れた恋愛小説のような感動があります。これまでの本ではあまりふれられなかった政治や、原子爆弾への思いも率直に語っています。将来を案ずる学生や、子どもの教育に悩む父親には、誠実で真摯なメッセージを送っています。ファインマン一流のユーモアも随所にあふれ、最後まで読者を飽きさせません。世代を越えた、すべての読者に手にとっていただきたい1冊です。

Twitter

Unable to load Tweets

  • roughfractus02

    手紙がある人生の過去を断片的に伝えるとするなら、この書簡集はその考えを超える。この往復書簡集は、最初の妻アーリーンとの辛い死別を含む身内、師、友らとのやりとり、学生や物理学のアマチュアの質問への回答、チャレンジャー号事故や教科書調査に関わるもの等が時系列で並ぶ。一方、それら様々な場面では、ファインマンのあるロジカルな態度が浮かび上がる。試行錯誤しつつ未知に向かう彼の態度は、事実を優先し、自分の考えすら突き放すユーモアに支えられている。この態度が手紙を彼の過去に留めず、未来に向かう読者の生にヒントを与える。 続きを読む

  • 人工知能

    ファインマンが書いたり受け取ったりした手紙を集めたもの。ファインマンの人となりが知れて興味深く読んだ。最初の妻アーリーンが亡くなってから書いた手紙はとても切なかった。全体として科学に対する誠実さと率直さ、そして科学の問題と人文学や政治の問題とを明確に切り離して考えている姿勢が垣間見れた。自分が興味をもったことを勉強してみる、自分で解決できる問題を選んで解いていく、というのが重要だそうです。 続きを読む

  • 道 老子

    本屋さんで見つけ、図書館で借りて拝読。マンハッタン計画の頃の奥さんへの手紙に号泣。御息女が編纂しただけに随所に愛情を感じました。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品