発売日 2007年08月30日(木)

タニアのドイツ式部屋づくり―小さな空間ですっきり暮らす整理・収納のコツ

著者名:門倉 多仁亜(著者)

¥1,429(税別)

ISBN:
978-4-7973-4105-8
サイズ:
F9728CB7-743E-4D0D-B674-F9F0B790A7AC
ページ数:
144
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・門倉 多仁亜

Twitter

Unable to load Tweets

  • サラッとドイツ人の暮らしが垣間見れます

    4.0
    piblje

    ベルギー人の主人を持つ者です。現在、片付け&断捨離中なので、お隣、ドイツの生活はどんな感じに効率的なのかな~と思って本書を読んでみました。ヨーロッパ人はきっと皆そうなのかも知れませんが、古い家具を使うのがシックと言うスタンダードがある様です。我が家にも義理母からいただいた、古いアンティークな家具があるのですが、引出しを開けるのもガタガタして結構大変です。日本の家具でこれをやると、昭和的な雰囲気のインテリアになってしまいそうですが、、。せまい日本の住宅では、収納場所をキープする事が難しいので、賃貸でもかなりのDIYをしている写真がたくさん載っています。いろんなアイデア満載で、マネしてみたい事もたくさんありました。とにかく持ち物は少なく!ですね。

  • 3.0
    reader007

    今使っているものだけしか持たない、ベーシックな質の良い服を少しだけなど、すでに実践していることばかり。著者の家の写真を見ると、我が家と同じくらいの持ち物なので、まだこれでは楽にらないと思った。それにな掃除の大変な装飾品が多い。すでにミニマリスト系の本を読んでいる方、子供がいる方には物足りない内容。家がごちゃごちゃしている人には良いかも。

  • じんわり沁みてきます

    5.0
    収納が好き

    みなさんのレビューがとてもいいのと、「なか見」で続きが読みたくなったので購入しました。最初、意気込んで読んだときは、文章が短くてあっさりした内容だなぁと思いました。1つのテーマで、文章は1〜2ページ。文章も簡潔です。でも何回か繰り返して読むうち(読みたくなります)、じわじわ心に沁みてきました。二十回以上のの引っ越し、と一言で言っておられますが、その中で磨かれた智恵やスタイルは、説得力があります。さっそくうちにも処分箱(袋)を設置して、「いらないかも」と思うものを移動してみましたがこれだけでクローゼットがすっきりしました。雑誌のインテリア特集や、インテリア本が好きでちょくちょく読んでいますがそういったものとは一線を画する何かがあります。ほかの方も書いておられましたが、私もずっと手元に残しておくだろうなと思います。おすすめです。

すべての52レビューを表示

  • バニラン

    読む人によっては賛否両論の内容だと思いました。物を持たない物の定位置を決める他、参考にできる事はたくさんあったけれど?と思う事もありました。模様替えの参考にはなるかもしれません 続きを読む

  • ごへいもち

    ドイツ人のお母様の暮し方にちょっとカツを入れてもらったかも。不便だと感じたらDIY。棚・壁・ちょっとした家具…変えるという選択肢があるんだなぁ 続きを読む

  • Islay

    ミニマリズム・スモールハウス・断捨離・ときめき・収納・玄関とトイレ・服は10着・北欧・アンティーク・無印・ていねいな暮らし・シンプルライフetc.と、既にオートメーション化されて新市場に玉石混交の過密状態。ぱらぱらっと写真を眺め、イデオロギーの強制か、湾曲した自慢話か、お花畑風エッセーかを見切り、度重なる玉砕を経ての気付きは、「この手の本を購入(所有)することをやめる(笑)」。で、こちらは図書館にての久々に当たりの本。大切なのは誰かを羨むことでも、誰かと競うことでもなく、「そうありたい私」を目指すことだ… 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品