発売日 2007年09月18日(火)

2112年9月3日、ドラえもんは本当に誕生する!

著者名:桜井 進(著者)

¥700(税別)

ISBN:
978-4-7973-4303-8
サイズ:
CAE53444-4A6D-43A5-80D8-648CFE5F9CB1
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・桜井 進

Twitter

Unable to load Tweets

  • 木村 武史

    「面白くて眠れなくなる数学」の作者の本なので期待し過ぎたか・・・。前半はドラえもんの道具と現代の科学の比較をしていて楽しくサクサク読めたのだが、後半はちょっと説教臭くなってしまいスピードダウン。科学哲学に対する筆者の思いを述べているのか、「ドラえもんはこんなにすごいよ」なのか、「このままでは科学は危険だよ」と云っているのかよく分からない。色んな思いが強すぎて読み物としてまとまってない感じでした。 続きを読む

  • 教祖

    科学が人類を幸福にするという考えの誤りや、自然に対する好奇心と謙虚さの大切さを教えてくれる本。これ読んだらドラえもんがすごく読みたくなってくる。 続きを読む

  • ishimohide

    これはない。「ドラえもん」を聖典とした宗教本。気持ち悪い。「ドラえもん」が素晴らしい作品なのは言うまでもないが、著者の説は誇大妄想的かつ勝手解釈過ぎ。「疑似科学批判」批判や「心の神秘性」といった話題を持ち出してくる時点でかなり怪しかったが、「今のロボットは突っつくとすぐに倒れる…人間が二本足で立てるのは「心」や「魂」の有無に関係するともいわれている…」に至っては笑止。「ドラえもん」の悪用だと思う。 続きを読む

すべてのレビューを読む