発売日 2007年12月17日(月)

テレビ霊能者を斬る
メディアとスピリチュアルの蜜月

著者名:小池 靖(著者)

¥700(税別)

ISBN:
978-4-7973-4459-2
サイズ:
CAE53444-4A6D-43A5-80D8-648CFE5F9CB1
ページ数:
184
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・小池 靖

二〇〇七年は、テレビで「霊能」を「発揮」する人物の番組が、ついにゴールデンタイムのレギュラー番組に進出した年として、後世に残るかもしれない。

ご存じの通り、二〇〇七年の四月に、スピリチュアル・カウンセラー江原啓之による「オーラの泉」が、水曜二十三時台から、土曜の二十時台へと引っ越した。 折しも、スピリチュアル・ブームなどといわれ、精神世界の見本市的なイベント「スピリチュアル・コンベンション」通称「すぴこん」も、来場者数を増やしてきている。格差や社会不安が広がる現代日本において、お茶の間にまで霊的な話題が進出しているのだ。

本書では、テレビで霊能を発揮する人物たちを仮に「テレビ霊能者」と名付け、なぜ彼らは人気を博しているのか、その人気は、現代日本人のどのようなニーズの反映なのか、彼らの背景にある思想は何なのか、そして、メディアとテレビ霊能者の親和性などについて、宗教社会学の知見も活かしながら論じた。ご一読頂ければ幸いである。

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets