発売日 2008年02月18日(月)

自分探しが止まらない

著者名:速水 健朗(著者)

¥700(税別)

ISBN:
978-4-7973-4499-8
サイズ:
2919B434-48F3-4296-90A8-9F65386C1846
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・速水 健朗

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 青年の分析は他にいい本がある。時間の無駄

    1.0
    ダム中毒

    考察をいろんな形でされているけど、中身がない。速水さんとフード左翼・右翼の本を読んで面白いと思っていただけにガッカリ。

  • 現代を冷静にとらえることはできる

    4.0
    ちぴこ

    大学生の頃から耳にするようになった、「自分探し」を社会現象として書いた本。若者が自分探しにはまる/会社を3年で辞めるのは、終身雇用が崩れ会社中心主義が崩壊しつつある現代において、少なからず自分の生きる道を自分で選び取って行かなくてはならなくなっており、また教育や就活に見られるように、社会が「好きなことを仕事にすべきだ」「やりたいことを見つけろ」と求めてきたからだと著者は言う。また、若者の言う「自分探し」の"自分"とは、「社会において人との関係のなかで成し遂げられる何か」ではなく、「自分の内面から発見しうる何か/可能性」であるのだと著者は言う。この本を他の本と合わせて読むことで、今の日本社会は、昔の会社中心主義に欧米の成果主義が導入されつつある過渡期であり、だからこそ私達若者が自問自答を繰り返すことを余儀なくされるのだと冷静にとらえることができた。このどこに向かうか分からない大きな時代の流れを意識した上で、自分の社会的立場を考えらればベストなのかとは思う。あと、こういう社会学的な本て面白いですね。

  • 時代分析には優れているが・・・

    3.0
    かさこ

    「自分探し」という言葉をキーワードに、今までの時代を体系的に整理しているので、「ああ、そういえばこんなのあったな!」と、かつてのムーブメントや騒動を振り返るのには参考になる。ここに挙げられている例でいえば、中田英寿、須藤元気、イラク人質事件、イラク香田さん殺害事件、XJAPANのToshi、猿岩石、あいのり、「流学日記」「絶対内定」、高橋歩、藤原新也、沢木幸太郎、軌保博光、ホワイトバンド、自己啓発系居酒屋「てっぺん」、映画「ザ・ビーチ」など。メディアを賑わせたり、多くの人に影響を与えた作品などを、「自分探し」というキーワードでよくまとめてある。時代分析としてはとってもおもしろい。また「自分探し」をするのは若者が悪いわけではなく、労働環境の変化によって、そうせざるを得なくなったことや、逆にこうした自分探しニーズをビジネスにして、儲けようとしている人を批判している点は特筆に価する。高橋歩批判なんかは痛快。ただ難点は、・自分探し=自己啓発=ポジティブ・シンキング=すべては、アメリカのニューエイジに原点があるという論調で、ポジティブ・シンキングまでも批判しているように書かれていること。(著者はまとめでポジティブ・シンキングは否定しないといっているが、本書を読む限り、ポジティブ・シンキング=あやしげなニューエイジだから、すべてダメといっている風に読み取れかねない)・時代分析には優れているが、とにかくすべてに否定的な論調なので、最後まで読み終えても、明るい未来や希望、解決の糸口がまったく見出せない。もちろん本書が、解を提示するものではなく、単にこれまでの時代分析した本だから仕方ないのかもしれないが、とはいえ最後にとってつけたような、著者による統括によると、この世界に立ち向かうことができるような社会を作るためには、それに見合うだけの努力や研鑽を各人がすべきだろう。こういう世の中を生きるために欠かせない武器こそ、「自分探し」に振り回されず、前向きに生きる姿勢であると信じている。と書かれており、なんだ、さんざん本書で否定的に書いてきた、自分探し=自己啓発のメッセージと同じじゃないか、と最後にうんざりさせられる。時代分析が秀逸で、具体的な事象も整理して網羅的に取り上げられており、その点は素晴らしく参考になるだけに、最後がとっても残念だなと思った。

すべての32つのレビューを表示

  • みっくん

    『自分が変われば世界が変わる。』にみる『社会』という概念の欠如。適切な自己研鑽からのほんとの私デビューである♪ 続きを読む

  • ヨクト

    自己啓発本ではなく、現在社会現象といっていいほどにもなっている若者の「自分探し」の実態を書いた本です。「引きこもり」だけでなく、フリーター、そして海外放浪バックパッカーが増えている。なぜ、彼らは自分を探すのだろうか。社会にモノと情報が満たされたことで、この時代に生きる私たちの価値観は変わり、「生きがい」や「自分らしさ」を求めるようになったのではないか。現実逃避ではなく、自分を豊かにするといった目的でも僕は読書という方法はすごくいいと思うんだけどな。海外に行っても自分なんて落ちてねーよ。自分でつくれ。 続きを読む

  • さわみん。

    バブル崩壊から増加してきた、自分探しと生まれる仕組みと彼らを待ち受ける自分探しホイホイと自分探しが蔓延する時代の背景とはまり込みすぎないためのヒント。、自分探し系全般に共通するのは、自分の内面にまだ見ぬ自分が隠れているといった心情であり、そこに自らが努力や研鑽を行うという行為が総じて含まれていない。自分を変えるために何か具体的な努力をしようとは考えずに、環境を変えることで自分を変えようという甘ったれた根性から叩き直せ、という精神論のはなしは書かれてないです。ものすごく論理的思考から書かれております、はい。 続きを読む

すべてのレビューを読む