発売日 2007年12月27日(木)

徹底解説 Fedora 8 サーバ構築

著者名:渡辺 裕一、柿島 真治(著者)

¥2,800(税別)

ISBN:
978-4-7973-4602-2
サイズ:
28D2349A-6F6A-46A1-A52D-2269DF4E8A68
ページ数:
464
付録・付属:
DVD

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・渡辺 裕一、柿島 真治

Twitter

Unable to load Tweets

  • 教本としてもってこいです

    5.0
    dohya-chan

    以前Fedora8サーバー構築本を購入し真似して設定すれば確かにサーバーは出来上がったがただそれだけで、設定項目でなぜこう設定しなければならないのか意味が分からず、構築しただけで終わってしまっていた。しかし本書の場合コマンドや変数の意味まで解説されていてしっかり理解すれば、サーバー構築後自分好みに仕立てることが出来るようになると思います。また、Movable Type(Blog)やFirefly(Music Server)の構築からLogの管理まで解説されていて、教科書として非常に役に立ちました。

  • 5.0
    Amazonのお客様

    本書は、OSとしてのFedoraの使い方等は省いていますが、「サーバ構築」というタイトル通り、自力でサーバーを立ち上げるための、超実用的なマニュアル本であると思います。各種サーバーの立ち上げが、本当にいとも簡単にできてしまいます。私の場合、Linuxのコマンド操作等はある程度慣れているものの、サーバー構築等の経験はゼロという状態でしたが、本書の説明どおりに順を追って設定していったところ、1日でWebサーバーとFTPサーバーの構築ができてしまいました。(後日、調子に乗ってCentOSでもDNSサーバーとMailサーバーの構築を試しましたが、同じようにすんなりできました)それぞれの設定項目についても、ある程度解説がなされているので、なにをやっているのか分からない、ということには陥らないはず。緊急にサーバーを構築しなければならない方にも、軽い気持ちで何となく始めてみようという人(私はこちら)にも、どちらにもおすすめできます。また、さらに詳細に仕組みを理解しようとするなら、「Fedora Core ビギナーズバイブル」がおすすめです。

すべての2レビューを表示