発売日 2008年08月13日(水)

仕事で疲れたら、瞑想しよう。
1日20分・自分を浄化する習慣

著者名:藤井 義彦(著者)

¥730(税別)

ISBN:
978-4-7973-4655-8
サイズ:
CAE53444-4A6D-43A5-80D8-648CFE5F9CB1
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・藤井 義彦

Twitter

Unable to load Tweets

  • 瞑想のきっかけをつかむための本

    3.0
    buffalo2004

    ストレスを解消するために瞑想を考えている初心者のための、とっかかりの本です。どうやって取り組んだらよいかを平易に書いています。難しいことはいっさい書いていません。章立ては次の通りです:1章 なぜ瞑想だけが疲れを「全消去」できるのか2章 「いつ」「どこで」自分を変えるかを決める3章 「座り方」と「呼吸」の意識メカニズム4章 雑念に「つき合わない」という心の平安法5章 「もっと違う生き方」に自由に出入りする6章 ストレスなしで「問題解決」を進める7章 「ビジネス成功と瞑想生活」私の方法8章 こうして人生から「不可能」が減っていく2章から5章までで、いつどの程度やればよいか、どうやって座るか、どうやって呼吸するか、どうやって瞑想を終了するか、、、といった方法がわかりやすく書かれていますので、これらを参考にするとはじめやすいでしょう。さて、個人的には、ほとんど実践していることが記述されており、特に目新しいことはありませんでした。(よって星3つ評価)ただし、参考になったのは以下の点:・一日2回、朝と夕(or晩)に行うのが良い。・一回を長くやるより、少しでも毎日続ける方が良い。これから瞑想をやってみよう、という人には、簡単に読めて、きっとよい本であると思われます。

  • 4.0
    YAKUMA

    TM瞑想の友から勧められ購入。初心者にはいろいろと、細かいことや、生活に取り入れる際のアイデアなどが知れて良かった。でも、この本の一番の素晴らしいのは、藤井さんのコーチングの技術が入っていて、瞑想を続けてみよう、と前向きになれたことです。結構、すぐに大きな変化が出てきたりしなくて、なんとなく集中できなかったりとかしたんだけど、清々しい藤井さんのお言葉に後押しされた感じです。ところで瞑想というとなんだけど、座禅のもっとやりやすいヴァージョン、です。アメリカのセレブの中じゃフツー、じゃないかな。 映画「食べて祈って恋をして」にも出てきたが、あれを「宗教臭い」とアメリカ人は思わないんじゃないかな。やはり嫌なこととかが去っていくスピードが速いです。 日本人のセレブは隠れてやる人が多いらしいです。プロレスの前田日明さん?もやってますって本みたなあ。お勧めです。

  • 瞑想はビジネスパーソンの新しいストレス解消習慣

    5.0
    tamano

    かなりライトな新書です。あまり難しいことは書いていません。①座り方 (結跏趺坐、半跏趺坐、正座、あぐら、椅子でもOK)②目は閉じる、背筋を伸ばす、手の位置③呼吸法④1回20分、朝夕2回がお勧め私も本書に従って瞑想を試してみました。瞑想後、脳に血流が集中している感じがします。おそらく、脳のリフレッシュになっているのだと思われます。アメリカの大企業で瞑想系メソッドが流行るのもうなづけます。Daigo著「自分を操る超集中力」でも瞑想は紹介されており、3分でも効果があるとされています。これなら、仏壇ですこし長めに拝んだりする感覚に近いです。忙しくお酒もよく飲むビジネスパーソンに配慮して書かれていますので、まずは気軽にお試しあれ。星5つです。

すべての5レビューを表示

  • 文章で飯を食う

    瞑想は難しいものだと思っていたが、瞑想にも、いろいろなレベルが有るのだと言う話。アスリート向けでは無く、一般人向けのウォーキングのような、気軽な瞑想の話。そんな手軽な瞑想でも、続けていれば、ウォーキングのように確かな効果が有るのだ。 続きを読む

  • Humbaba

    時間を決めて一日二回瞑想ができればベストだが、例えそれほどできなくても瞑想することは効果がある。完全でないことを懸念して行動をためらうのではなくて、一部でも出来るからといって積極的に取り入れる。それにより効果を実感できれば、自然と日々の行動も変わってくるだろう。 続きを読む

  • mitei

    日々の安らぎのためにしばらく瞑想してみようと思った。 続きを読む

すべてのレビューを読む