発売日 2009年03月17日(火)

情緒から論理へ

著者名:鈴木 光司(著者)

¥730(税別)

ISBN:
978-4-7973-4844-6
サイズ:
CAE53444-4A6D-43A5-80D8-648CFE5F9CB1
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・鈴木 光司

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 昭和っ子

    藤原氏の情緒重視の発言は「苦い勝利」の様な事ができて、初めて価値があるものなのか、という「苦い認識」をさせらられた。(私だったら「長い物には巻かれろ」的態度しかできない)根拠なき懐古主義に惑わされず現代の良さを確信する事は一抹の寂しさもあるけれど肩の重荷がすっと軽くなる気がするのも確か。「情緒的民族の失敗」で日本人の戦争での対応のまずさを挙げていたが、確かに上官同士のつきあいや見栄で「やってみなければわからない」と戦争されたんじゃたまりません!みんなが悪いと反省する事はあるけど、こういう反省は確かにないね 続きを読む

  • スギちゃん

    新書は論文ではないので、「国家の品格を論破する」という広告の煽りは置いておいて、著者のプロフィールや個々のエピソードを肩の力を抜いて読めば良いと思いました。 続きを読む

  • Kentaro

    ダイジェスト版からの要約 「論理」という場合は、「世界に共通する論理」を意味する。今、日本は「昔はよかった」式の情緒的な懐古主義に過度に拘るような閉じた発想が、国民の間に広がりつつある。その姿は、グローバル化が進む世界に背を向けて、情緒の世界にとりすがっているかのようだ。宇宙にせよ、生命にせよ、それらを系(まとまり・システム)として見た場合、オープンでない系は滅ぶ。地球は太陽からのエネルギーを受け、しかし地球が熱くなりすぎないようにエネルギーを逃がしているから、そこに生命を誕生させることができた。 続きを読む

すべてのレビューを読む