発売日 2009年03月15日(日)

神曲奏界ポリフォニカ マージナル・ホワイト
神曲奏界ポリフォニカシリーズ

著者名:高殿 円(著者) 凪かすみ(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-7973-4865-1
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
304
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・高殿 円

イラスト・凪かすみ

Twitter

Unable to load Tweets

  • ♪そうさ 僕らは…

    4.0
    マコト

    二百年前に飛ばされたスノウ達の冒険を描く「炎帝の紋章編」第三巻。未来に帰る方法も分からないまま、精霊島学院閉鎖というピンチを迎えた一行。地上に降りたマーヴェラスに危機が迫る中、「自分達の未来」に帰るためにはこの時代に深く関わるべきでないというプリムローズの言葉に戸惑いを隠せない仲間達。時間旅行モノのお約束であるタイムパラドックスの問題が出てきます。元々ポリ白自体が赤や黒より昔の話、ここで歴史の改変が起これば他のシリーズにも影響する以上マーヴェラスやアンジェロ、アンジェリカの運命は決まってしまっているのでしょうか。書き下ろしの短編は「リトル・パーフェクトレディ」。自称プリムローズのライバル、デイジーのお話。偉大な母マリーゴールドを超えるため、亡き母の元にいた精霊と契約を結ぼうとするデイジー。しかし精霊アストレイヤには「母とは全く違う」とすげなく断られてしまいます。かつてフォロンもコーティカルテに同じようなことを言われて拒絶されたことがありますが、また違ったこの場合、デイジーの出した答えに注目です。また、ピースにもなにやら意味ありげな伏線が……。プリムローズの話に「知らないふりをしたっていいじゃない!」と素直な感情をぶつけたデイジー。しかし、その後のスノウとの会話や短編での姿を見ているとただのわがままなお嬢様じゃないことが分かります。こういうキャラはかなり化ける可能性があると思うので、今後の活躍に期待したいです。

すべての1レビューを表示

  • cgatocairb

    Bエターナリア、アンジェロ・アンジェリカが出て来るので良しとする。 続きを読む

  • まろん

    過去編。デイジーの短編がよかった。 続きを読む

  • こんこん

    過去編その3。展開は次に引きなので……。しかし、漬け物桶の上に座る女神様は、見れば見るほどじわじわおかしさがこみあげてくる。 続きを読む

すべてのレビューを読む