発売日 2008年10月16日(木)

もう一つの日本
失われた「心」を探して

著者名:皆川豪志、徳光一輝(著者)

¥730(税別)

ISBN:
978-4-7973-5031-9
サイズ:
CAE53444-4A6D-43A5-80D8-648CFE5F9CB1
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・皆川豪志、徳光一輝

Twitter

Unable to load Tweets

  • かつて日本にあったもの、心の豊かさ

    5.0
    dejima2001

     産経新聞の記者による、本当の豊かさを探る旅の記録。前半はブラジルの日本人移民、あるいはパラオの日系人、そしてスペインでは支倉常長の遣欧使節団の末裔(!)に会い、彼らの中に、今は失われた日本人の美徳を見る。 後半は貧しくも豊かな国ブータンを訪ね、幸福とは何なのかを考える。 経済的な豊かさと真の幸福は両立するのか、実に考えさせられるレポートである。

  • 農学部生

    正直、産経の記者の方だし、誇張しすぎている部分は否めない。しかし、日本人としての優れた性質が、ある種”棄民”として日本から海外に放り出された日系人たちの中で今でも生きているという面白い視点、忘れられていた日系人たちの死に物狂いの苦労、そして日本がその彼らを捨てた歴史など内容として知っておくべきものが多く入っている。

すべての2レビューを表示

  • Humbaba

    現代が昔と比べて豊かであり、自由度も高い事は間違いないだろう。しかし、それが現代の符が全てにおいて優れているということを意味している訳ではない。他の文化を受け入れて変容していくというのは悪いことではないが、それにより失われてしまうものがあることから目を逸らしてはいけない。 続きを読む

  • 移民は戦前だけだと、勘違いしてたのでびっくり。知らなかったことを知ると、それだけで得した気分になれる。 続きを読む

すべてのレビューを読む